新聞家

三ノ輪駅周辺(東京都)

2016/12/20 (火) ~ 2016/12/20 (火) 公演終了

上演時間:

「福祉施設で働く職員」をモチーフに月一回の三ヶ月連続企画として10月に始まった新聞家のケース『鶯張り』もいよいよ最後、第三話の上演を迎えます。
会場は日比谷線・三ノ輪駅そばの一室で、妙な親近感がただよう上演になります。スナックとお飲み物も用意してくつろげる空間をつくりますので、早々したご来場...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/20 (火) ~ 2016/12/20 (火)
劇場 三ノ輪駅周辺
出演 峰村菜月
脚本 村社祐太朗
演出 村社祐太朗
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 2,800円
【発売日】
チケットはスナックと飲み物つきです。
取扱はPeatixのみとなります。
http://peatix.com/event/219503
サイト

http://sinbunka.com/case

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月20日19:30に日比谷線・三ノ輪駅に集合(上演は一回限り)
説明 「福祉施設で働く職員」をモチーフに月一回の三ヶ月連続企画として10月に始まった新聞家のケース『鶯張り』もいよいよ最後、第三話の上演を迎えます。
会場は日比谷線・三ノ輪駅そばの一室で、妙な親近感がただよう上演になります。スナックとお飲み物も用意してくつろげる空間をつくりますので、早々したご来場と、上演後の懇親会らしい意見会への長々したご参加歓迎いたします。

http://sinbunka.com/case


企画詳細
『鶯張り』というタイトルには、普段「こうありたい」と注意していても、どうしてもその道を踏み外してしまうというわたしたちの性(さが)に鉢合ったとき、自制力を盲信するのではなく、あらかじめ足音が良く響くところに場を移すのが有効なのでは、というアイデアが反映されています。「足音が響く場所」として今回作品のモチーフとするのは福祉施設。各話それぞれ別の施設を背景に、そこで働く職員の一人語りを創作します。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/12/06 10:01 by むらこそ

[最終更新] 2016/12/06 10:04 by むらこそ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大