演劇

地人会新社第6回公演

豚小屋 ~ある私的な寓話~

地人会新社

新国立劇場 小劇場 THE PIT(東京都)

2017/01/07 (土) ~ 2017/01/15 (日) 公演終了

上演時間: 約1時間55分(休憩なし)を予定

南アフリカ共和国の劇作家、アソル・フガードの『シズウェは死んだ!?』(原題:Sizwe Bansi is Dead)で旗揚げ公演を行った地人会新社が、第6回公演で再びフガードの戯曲に挑みます。
『豚小屋』~ある私的な寓話~と副題があるように、それは「想像上のどこかの小さな村にある豚小屋」によ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/01/07 (土) ~ 2017/01/15 (日)
劇場 新国立劇場 小劇場 THE PIT
出演 北村有起哉、田畑智子
脚本 アソル・フガード
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 6,500円
【発売日】
<全席指定>
A席:6,500円
B席:5,000円
25歳以下:3,000円
プレビュー公演のみ 全席:3,500円/25歳以下:2,000円
サイト

http://www.chijinkaishinsya.com/newproduction.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1/7(土)19:00※プレビュー公演
1/8(日)14:00
1/9(月)14:00
1/10(火)19:00
1/11(水)14:00 / 19:00
1/12(木)19:00
1/13(金)14:00
1/14(土)13:00 / 18:00
1/15(日)14:00
説明 南アフリカ共和国の劇作家、アソル・フガードの『シズウェは死んだ!?』(原題:Sizwe Bansi is Dead)で旗揚げ公演を行った地人会新社が、第6回公演で再びフガードの戯曲に挑みます。
『豚小屋』~ある私的な寓話~と副題があるように、それは「想像上のどこかの小さな村にある豚小屋」によって繰り広げられます。 軍より脱走して10年。パーヴェル・イワーノヴィッチ(北村有起哉)は湿っぽくうすら寒い家畜小屋で、豚と隣り合わせに暮らしている。
「戦勝記念の日」、その場に出て自分の存在を明らかにしようとするパーヴェル。しかし着ていくつもりだった軍服がぼろぼろだ。そこで、妻・プラスコーヴィア(田畑智子)に未亡人として出席するよう頼む。どちらにしても二人が「この場所」を出る事は危険であり、この先の運命がかかっているのだ。
長い長い時が流れた。美しい蝶が舞い込み、それを豚が食べる。その豚をパーヴェルが殺す。
外の空気が吸いたい!パーヴェルは女装し、二人は夜中の町に出る。風・大地の匂い・満天の星・コオロギさえも二人にとっては感動なのだ。

そしてもっと先まで…あのポプラの木の先に…

「結婚式の時に着たあんたのスーツ、いつかきっと必要な時が来るかもって気がして」

第二次世界大戦中、旧ソ連軍から脱走し、41年間豚小屋で生きていた実在の人物に刺激を受け書かれた本作。夫婦の絆と深い愛に溢れた『豚小屋』を、2017年のはじめにお届けします。
その他注意事項
スタッフ 翻訳・演出:栗山民也
美術/長田佳代子
照明/沢田祐二
衣裳/西原梨恵
音響/深川定次・坂口野花
ヘアメイク/鎌田直樹
演出助手/坪井彰宏
舞台監督/福本伸生
製作/渡辺江美

[情報提供] 2016/12/02 18:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2017/01/12 12:52 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大