演劇

若手・中堅芸術家の実験空間 サントミューゼ週末劇場

ウタ子さんのゴンドラ

デザイン:百羊箱

0 お気に入りチラシにする

演劇

若手・中堅芸術家の実験空間 サントミューゼ週末劇場

ウタ子さんのゴンドラ

劇団モカイコZ

サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター・大スタジオ(長野県)

2016/12/10 (土) ~ 2016/12/11 (日) 公演終了

上演時間:

「モノクロの時代に生きた、灰色の女の、色恋沙汰――。」
ハイカラだとか、モダンだとか、浪漫だとか、そんなものがまだこの国に息づいていた頃。
ウタ子は、仕事を辞めて楽な生活を送るために恋をして生涯の伴侶を得ようと思いつく。そうして女はときめきを求め浅草十二階下を奔走するのだが、そこで出会う男...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/10 (土) ~ 2016/12/11 (日)
劇場 サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター・大スタジオ
出演 奥堀まゆ、バイオ手塚、早渡知利、加藤亜紀歩、大久保学(演劇裁縫室ミシン)、有賀慎之助(客演劇団ゲキブツ)、両角眞太朗(劇団砂肝最強伝説)、沓掛亜梨紗
脚本 篠原拓夢
演出 篠原拓夢
料金(1枚あたり) 800円 ~ 1,600円
【発売日】2016/11/05
一般:1,600円
U-25:800円

《U-25チケット》
25歳以下対象、サントミューゼ窓口のみの取扱いです。
購入時・入場時に身分証明書をご提示ください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
サイト

http://mokaico-z.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月10日(土)19:00
12月11日(日)14:00
説明 「モノクロの時代に生きた、灰色の女の、色恋沙汰――。」
ハイカラだとか、モダンだとか、浪漫だとか、そんなものがまだこの国に息づいていた頃。
ウタ子は、仕事を辞めて楽な生活を送るために恋をして生涯の伴侶を得ようと思いつく。そうして女はときめきを求め浅草十二階下を奔走するのだが、そこで出会う男は偶然にも皆、後の世に名を残す文豪たちなのであった・・・。

今よりも恋をするのに勇気が必要だった時代。
レコードから聞こえる唄に流されて、漂って、彼女の愛はどこに行き着くか。

2016年初春にモカイコZプロデュース公演、
略して「モカイコP」として上演した異色の作品をまさかの再演。
今作は主人公・ウタ子の心に棲む「ト餓鬼」たちが、本を片手に彼女の気持ちや状況、台詞の行間を読み上げていく「ト書きリーディング」として初演時にも話題となった。
その他注意事項 ※未就学児の入場はご遠慮ください
スタッフ 原案:伊藤茶色
音響:中村早希
照明:倉島ちひろ(演劇集団ココロワ)
小道具:早渡知利
衣裳:奥堀まゆ
ヘアメイク:加藤亜紀歩/沓掛亜梨紗
宣美デザイン:百羊箱
宣伝写真:安田 貞喜
制作:伊藤 茶色
企画製作:劇団モカイコZ

主催:上田市(上田市交流文化芸術センター)/上田市教育委員会
助成:平成28年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業
協力:シアター&アーツうえだ

[情報提供] 2016/11/18 10:50 by 劇団モカイコZ 制作部

[最終更新] 2016/11/18 10:59 by 劇団モカイコZ 制作部

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大