演劇

デュ社第三回公演

気狂い裁判

0 お気に入りチラシにする

演劇

デュ社第三回公演

気狂い裁判

向雲太郎カンパニー デュ社

こまばアゴラ劇場(東京都)

他劇場あり:

2016/12/02 (金) ~ 2016/12/11 (日) 公演終了

上演時間:

49才舞踏家、向雲太郎が初の劇作に挑戦!
この作品は、全人類70億人を代表して地獄の劫火に焼かれたヒロシマ、ナガサキの人々へのレクイエムです。〜これは核戦争後のニッポンのお話しです。ここはどこなのか?ないところユートピア、現代の方舟、核シェルターの中。そこで繰り広げられる日常とごっこ。この世...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/02 (金) ~ 2016/12/11 (日)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 飯田孝男、奥村勲(鉄割アルバトロスケット)、野嵜好美、向雲太郎
脚本 向雲太郎
演出 向雲太郎
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2016/10/10
<整理番号付自由席>
一般・予約:3,200円 当日:3,500円
学生・予約:2,500円 当日:3,000円
サイト

http://www.komaba-agora.com/play/3511

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12/2(金)19:30
12/3(土)14:00
12/4(日)14:00
12/5(月)19:30
12/6(火)19:30
12/7(水)19:30
12/8(木)19:30
12/9(金)19:30
12/10(土)14:00
12/11(日)14:00
説明 49才舞踏家、向雲太郎が初の劇作に挑戦!
この作品は、全人類70億人を代表して地獄の劫火に焼かれたヒロシマ、ナガサキの人々へのレクイエムです。〜これは核戦争後のニッポンのお話しです。ここはどこなのか?ないところユートピア、現代の方舟、核シェルターの中。そこで繰り広げられる日常とごっこ。この世の全てはつくりごと、ごっこごっこおままごと。地上がどうなっているかだって?わからない。
狂っているのは誰?


次の回、終演後に向雲太郎とゲストによるアフタートークを開催します。
12月2日(金)19:30 糸井幸之介(劇作家・演出家・音楽家・FUKAIPRODUCE羽衣、作・演出・音楽)
3日(土)14:00 松井 周(劇作家・演出家・俳優・サンプル主宰)
6日(火)19:30 杉山至(舞台美術家)
10日(土)14:00 戌井昭人(劇作家・作家・鉄割アルバトロスケット主宰)
その他注意事項 ※未就学児の入場可
スタッフ 作・演出・振付:向 雲太郎
劇中歌作曲:糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣) 
音楽提供:築山建一郎
ドラマトゥルグ:杉山至 
衣裳:富永美夏 
照明:久津美太地 
音響:佐々木すーじん 
大道具:松原東洋 
宣伝美術:木村秀治郎

[情報提供] 2016/11/10 17:33 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/16 23:04 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大