演劇

第3回東京ミドルシアター・フェスティバル『国際演劇祭 イプセンの現在』

演劇

第3回東京ミドルシアター・フェスティバル『国際演劇祭 イプセンの現在』

ヘッダ・ガブラー

地点

あうるすぽっと(東京都)

2016/11/22 (火) ~ 2016/11/23 (水) 公演終了

上演時間:

誠実堅固なテスマンと結婚したヘッダは、昔の恋人レェーヴボルグが今は酒も辞め、成功していることが許せない。レェーヴボルグがエルヴステード夫人の力を借りて完成させた未来の社会についての未発表原稿を入手したヘッダは、原稿を炉にくべ、燃やしてしまう。失意のレェーヴボルグに将軍だった父のピストルを渡し自...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/22 (火) ~ 2016/11/23 (水)
劇場 あうるすぽっと
出演 安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平
脚本 ヘンリック・イプセン
演出 三浦基
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 5,500円
【発売日】
<全席指定>
一般:前売4500円 当日5500円
学生:前売3000円 *舞台21のみ取扱 
豊島区民割引:(在住・在勤/要証明書提示)4000円 *前売のみ、としまチケットセンターのみ取扱
4演目セット券:11000円
サイト

http://chiten.org/next/archives/45

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月22日(火) 19:00
11月23日(水・祝) 17:00
説明 誠実堅固なテスマンと結婚したヘッダは、昔の恋人レェーヴボルグが今は酒も辞め、成功していることが許せない。レェーヴボルグがエルヴステード夫人の力を借りて完成させた未来の社会についての未発表原稿を入手したヘッダは、原稿を炉にくべ、燃やしてしまう。失意のレェーヴボルグに将軍だった父のピストルを渡し自殺をそそのかしたヘッダは、ブラック判事に真相をつきとめられ、その手中に落ちることから逃れるため自ら命を絶つーー。
地点が長年培ったアンサンブルで台詞を異化し、〈幸福〉を投げ出すことによってしか自らの人生に勝利できないと信じるヘッダの激しさと滑稽を描く。
舞台美術に杉山至、衣裳にコレット・ウシャールと、三浦基とチェーホフ作品を共に制作してきたスタッフ陣を迎え、地点初のイプセンに挑む!
その他注意事項
スタッフ 翻訳:毛利三彌
美術:杉山至 
照明:藤原康弘
音響:堂岡俊弘
衣裳:コレット・ウシャール
舞台監督:大鹿展明
宣伝美術:松本久木
制作:田嶋結菜
主催:特定非営利活動法人 舞台21

[情報提供] 2016/10/25 14:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/10/25 14:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大