演劇

THE REDFACE  PRODUCE VOL. 61

運命とは?

東京の王様 横浜市開港記念会館公演

デザイン:榊原玉記

0 お気に入りチラシにする

演劇

THE REDFACE  PRODUCE VOL. 61

東京の王様 横浜市開港記念会館公演

運命とは?

THE REDFACE

横浜市開港記念会館(神奈川県)

2017/01/04 (水) ~ 2017/01/04 (水) 公演終了

上演時間:

ストーリー
舞台は1990年。芸能リポーターの嵐野航海と徳井映像の二人は幼馴染だった。幼い頃からの夢は「世界に通用する日本映画を撮る」ことだったが、資金と人脈を得るために今は仕方なく「夕日テレビ」に勤めていた。そしてこの日、二人は「スマイル化粧品」の新キャラクター発表のパーティ会場に訪れてい...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2017/01/04 (水) ~ 2017/01/04 (水)
劇場 横浜市開港記念会館
出演 榊原利彦/嵐野航海(THEREDFACE)、奥田直樹/兼好院長&運命(THEREDFACE)、松田優/徳井映像(WildThing)、橋本紗那恵/遥かなた、大和啄也/黒原政治(プラチカ)、新宮明日香/星乃ひとみ(加川事務所)、由月杏奈/高嶺花(パーフィットプロダクション)、串間保/洞田太郎、上野健/ジョニー若狭、御園真倫子/アリー若狭、鈴木愛/嵐野晴間、伊緒里優子/正格時子、熊野晋也/黒原剛太(サムライプロモーション)
脚本 榊原玉記
演出 榊原利彦
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 12,000円
【発売日】2016/10/22
チケットはお振込みいただいた方から優先に良いお席をお送りします。また、SS席¥12000は、公演後に出演者との新年会付きスペシャルチケットとなります。宴会は横浜中華街で19:00開始を予定しております。当日のキャンセルはできませんのでご了承下さいませ。
サイト

http://www.sakaki-net.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 1月4日(水)16:00
説明 ストーリー
舞台は1990年。芸能リポーターの嵐野航海と徳井映像の二人は幼馴染だった。幼い頃からの夢は「世界に通用する日本映画を撮る」ことだったが、資金と人脈を得るために今は仕方なく「夕日テレビ」に勤めていた。そしてこの日、二人は「スマイル化粧品」の新キャラクター発表のパーティ会場に訪れていた。その会場にはこのような色濃い人々が集まっていた。スマイル化粧品の女社長アリー若狭と溺愛する息子ジョニー若狭。アリーの秘書である何でも正確な正格時子。そして、アリー若狭の愛人である悪徳政治家・黒原政治と息子の黒原剛太。黒原の元愛人であった演歌歌手・遥かなたと付き人の四重笑顔。そして彼らを良く知る名医・兼好促進。そこに、黒原剛太の婚約者でもある新進女優の高嶺花とマネージャーの洞田太郎がやってきた。高嶺花は最近、スマイル化粧品の御曹司ジョニー若狭との二股疑惑が持ち上がっていたのだ。三角関係の大スクープに遭遇した嵐野航海と徳井映像は、突撃レポートを始める。気の強い高嶺花としつこく追い回す嵐野航海は口論になってしまう。そこに二人を止めるニュースキャスターの星乃ひとみ。しかし、静止を振り切って花の後を追う嵐野は、意図せず突き飛ばされてしまう。高嶺花は、この後のまさかの大惨事に全く気づかずに会場を後にしたのだが・・・。偶然居合わせた兼好院長が駆けつけるのだが深刻な事態になってしまう。このちょっとしたいざこざが、ここにいた13名のその後の人生を大きく変えていくことになる。嵐野はベジタブルステートとなり、生と死の狭間で亡くなった母、嵐野晴間との不思議な出会いを経験する。


テーマ

運命とは一体何だろう。それを変えることはできないのか。

幼い頃の純粋な気持ちを持ち続けていたはずの嵐野航海と徳井映像。この運命の一日を境に二人の人生もそこにいた人々の人生も何もかもが大きく変わり始めてしまう。

自分が自分らしく生きていくために、その夢をことだけが本当に大切なことだったのか。果たして彼らが求めていたのは、世界に響き渡る名声だったのか。誰もがひれ伏すゆるぎない地位だったのか。失うことさえないほどの完全なる成功だったのか。

その本当の答えは、物語の最後にすべて語られて行きます。

2008年に朗読劇として初演され、2015年にストレートプレイに書き換え再演した「東京の王様」は、ご覧いただいた多くの方々から大絶賛されました。それは私たちにとっても予期せぬ出来事でした。この作品によってもたらされたその評価は、私たちの未来にもっとも必要だった大切な宝物となったのです。

2017年、皆様からの熱烈な支持を受けて新年の幕開けにふさわしい1本目に「東京の王様」を選びました。皆様のおかげで、この作品をまたこの時期に上演できることを心から幸せに思っています。

今回はスペシャルゲストに、主宰・榊原利彦とデビューも同期の松田優さんをお迎えしてお届けいたします。舞台初共演となる二人の人生の物語に、どうぞご期待くださいませ。
その他注意事項 SS席は出演者と共に催される横浜中華街での飲み放題・食べ放題付き新年会チケットは¥12000となります。
こちらはS席の最前列からお席をご用意いたします。限定100名様となりますので、どうぞお早目にご予約くださいませ。
スタッフ 照明 平井裕之(PAC)

[情報提供] 2016/10/22 16:14 by 榊原玉記

[最終更新] 2016/12/19 08:48 by 榊原玉記

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

榊原玉記

榊原玉記(0)

脚本 美術 舞台監督 宣伝美術 その他(衣装)

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大