フェスティバル/トーキョー実行委員会

にしすがも創造舎 【閉館】(東京都)

2016/11/17 (木) ~ 2016/11/20 (日) 公演終了

上演時間:

複数のドラマが立ち上げる、福島の「いま」に映るのは――

 作家・松田正隆の故郷・長崎に取材した『声紋都市-父への手紙』(F/T09春)、韓国人被爆者への取材を題材にした『HIROSHIMA-HAPCHEON:二つの都市をめぐる展覧会』(F/T10)など、未曾有の体験を経た都市の過去と現...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/17 (木) ~ 2016/11/20 (日)
劇場 にしすがも創造舎 【閉館】
出演 アイダミツル、生実慧、上村梓、佐藤小実季、島崇、田中夢、西山真来、濱野信太郎、山科圭太、弓井茉那、吉澤慎吾、我妻直弥
脚本 アイダミツル、神谷圭介、松田正隆、三宅一平、山田咲
演出 関田育子、福井歩美、松田正隆、三宅一平、山田咲
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2016/09/07
一般前売 3,500円(当日+500円)
学生 2,300円(当日共通)
高校生以下 1,000円(当日共通)
サイト

http://www.festival-tokyo.jp/16/program/performing_fukushima/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11/17(木) 19:00★
11/18(金) 19:00★
11/19(土) 15:00★
11/20(日) 15:00★
受付開始は開演60分前、開場は15分前

★=終演後、ポスト・パフォーマンストークあり
説明 複数のドラマが立ち上げる、福島の「いま」に映るのは――

 作家・松田正隆の故郷・長崎に取材した『声紋都市-父への手紙』(F/T09春)、韓国人被爆者への取材を題材にした『HIROSHIMA-HAPCHEON:二つの都市をめぐる展覧会』(F/T10)など、未曾有の体験を経た都市の過去と現在を複眼的に捉え、再構築してきたマレビトの会。F/T12で上演された『アンティゴネーへの旅の記録とその上演』に続き、福島に向き合う本作は、2013年から3年間にわたって、長崎を対象に展開したプロジェクトの延長線上にある。複数の作家が一つの都市を取材し、執筆した戯曲群を、ごくシンプルな空間で上演するその試みは、何気ない日常の風景を「ドラマ」として切り取り、それらの集積を通じて、対象とする都市に固有の時間/歴史を探り出そうとする。震災から5年。4日間4公演にわたる複層的な上演がかたちづくる、福島の「いま」に映し出されるのは――。現実を前にした「ドラマ」の意義をも究める実験が、ふたたび始動する。

上演に関するお知らせ
・本作品は1公演につき、複数の書き手による複数の戯曲で構成されています。
・4日間、4公演全体で1つの作品というコンセプトのもと、各回、上演される戯曲・構成が異なります。
・上演される戯曲・構成は、後日こちらのページにて発表いたします。
その他注意事項 協力 テニスコート
企画 マレビトの会
主催 フェスティバル/トーキョー、一般社団法人マレビト
スタッフ 技術監督 寅川英司
舞台監督 中原和彦
照明 木藤 歩
宣伝美術 相模友士郎
宣伝写真 笹岡啓子
記録写真 西野正将
記録映像 遠藤幹大
制作 中村みなみ(マレビトの会)
三竿文乃、荒川真由子(フェスティバル/トーキョー)
プログラム・コーディネーター 横堀応彦
制作協力 森真理子、吉田雄一郎(マレビトの会)

[情報提供] 2016/10/13 13:58 by フェスティバル/トーキョー

[最終更新] 2016/11/22 22:39 by フェスティバル/トーキョー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大