演劇

ÜÄÖ(umlaut) #1

Techno

ÜÄÖ(umlaut)

Broader House(東京都)

2008/06/06 (金) ~ 2008/06/08 (日) 公演終了

上演時間:

自分の部屋が昔、子供部屋だった事を覚えているだろうか。その頃は、家族は誰でも部屋に入る事を許され、そこは共有のスペースだった。でも子供が成長するにつれて、だんだんとそこは個人の物に変わり、外部の侵入を嫌い始める。むしろ、親しい友人は良いのに、両親を拒んだりする。そんな部屋には大体、物が溢れてる...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/06 (金) ~ 2008/06/08 (日)
劇場 Broader House
出演 飯田芳、楠井博士、篠崎大悟、島田桃子、寺本綾乃、畑中研人、望月綾乃、田中佑弥
脚本 池田野歩
演出 田中佑弥
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 1,200円
【発売日】
前売り料金1000円/当日料金1200円になります。また、開演時間にお越しいただけない場合、キャンセルになる可能性もございますので、お気をつけ下さい。

・予約方法
問い合わせ先の電話番号またはアドレスにて
①お名前、②公演日③開演時間④チケット枚数⑤電話番号をお知らせください。
入場料金のお支払いは当日、受付にてご精算となります。

・問い合わせ先
mail umlaut08@yahoo.co.jp
tel 090-2475-7523 (きむ)


サイト

http://broaderhouse.info/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 自分の部屋が昔、子供部屋だった事を覚えているだろうか。その頃は、家族は誰でも部屋に入る事を許され、そこは共有のスペースだった。でも子供が成長するにつれて、だんだんとそこは個人の物に変わり、外部の侵入を嫌い始める。むしろ、親しい友人は良いのに、両親を拒んだりする。そんな部屋には大体、物が溢れてる。見られたくない物もあるだろう。だから隠す。物の存在は歴史だ。物が増える(減る)度に、その部屋に歴史が作られる。でも、いつかは部屋を出て行く時が来るのだろう。
これはそんな部屋で育ち、閉じこもっている人間の話です。部屋はいつも薄暗く、電化製品の明かりだけが、部屋に何があるかを思い出させてくれる。そして、そこは未来。僕らが生きる現在が、過去として存在する世界。そして彼は語りかける。 テクノはきっとノイズから生まれた。
その他注意事項
スタッフ 照明:中能良  
舞台監督:鳥養友美 
美術:神尾将秀 
大道具:秋友久実
映像協力:増永美寿々/新藤倫佳
宣伝美術:玉利樹貴 
制作:梅田友香/きむきょんな/吉田浩/坂本もも

[情報提供] 2008/05/27 03:11 by ボクノブボブ

[最終更新] 2008/06/05 03:45 by ボクノブボブ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ボクノブボブ

ボクノブボブ(3)

作・音響・映像をやっています。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大