大田楽 いけぶくろ絵巻

デザイン:田中北斗

0 お気に入りチラシにする

としま未来文化財団

南池袋公園・グリーン大通り・としまセンタースクエア(豊島区庁舎1階) (東京都)

2016/11/05 (土) ~ 2016/11/05 (土) 公演終了

上演時間:

池袋で絵巻物が躍(おど)りだす!
http://ikebukuroemaki.tumblr.com/

華やかな衣裳、雅びな音楽、躍動的な舞が織り成す大田楽が、まちゆく人を絵巻の世界へ誘う野外パフォーマンスです。

『大田楽 いけぶくろ絵巻』
平安時代から室町時代にかけて日本中で大...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/05 (土) ~ 2016/11/05 (土)
劇場 南池袋公園・グリーン大通り・としまセンタースクエア(豊島区庁舎1階)
出演 野村万蔵
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~
【発売日】
観覧無料・申込不要
サイト

http://ikebukuroemaki.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月5日(土)18:00
説明 池袋で絵巻物が躍(おど)りだす!
http://ikebukuroemaki.tumblr.com/

華やかな衣裳、雅びな音楽、躍動的な舞が織り成す大田楽が、まちゆく人を絵巻の世界へ誘う野外パフォーマンスです。

『大田楽 いけぶくろ絵巻』
平安時代から室町時代にかけて日本中で大流行し、忽然と消えた芸能“田楽”をもとに、狂言師野村耕介(八世野村万蔵、1959-2004)が舞踊家、音楽家、俳優、学者らと協働作業で創り上げた「大田楽」。
この秋、九世野村万蔵が演出し、池袋の街を舞台に繰り広げる。色とりどりの花を飾った笠や五色の装束を身につけた田楽法師たちが、いにしえの旋律と軽やかなリズムで舞い躍る野外パフォーマンス。
池袋の街と人が生み出す、新たな大田楽が幕を開ける。

■「大田楽 いけぶくろ絵巻」は東京芸術祭2016の一環として開催されます。
その他注意事項 ※雨天時はとしまセンタースクエア。
※上演時間は変更となる場合がございます。

スタッフ

[情報提供] 2016/10/01 15:03 by 公益財団法人としま未来文化財団

[最終更新] 2016/10/01 15:05 by 公益財団法人としま未来文化財団

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大