演劇

可児市文化創造センター ala Collectionシリーズvol.9 日本近代古典傑作選

演劇

可児市文化創造センター ala Collectionシリーズvol.9 日本近代古典傑作選

「お国と五平」「息子」

実演鑑賞

(公財)可児市文化芸術振興財団

黒部市国際文化センター コラーレ(富山県)

他劇場あり:

2016/09/17 (土) ~ 2016/09/17 (土) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://www.kpac.or.jp/collection9/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
[上演時間は約2時間(休憩含む)を予定]

ala Collectionシリーズとは

アーラの充実した施設群を活用し、キャスト・スタッフが1ヶ月間可児に滞在し演劇製作!
新作主義の日本の演劇界に対して消費されゆく過去の優れた戯曲に焦点を当て、リメイクして作品を再評価するプロジェクト...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/17 (土) ~ 2016/09/17 (土)
劇場 黒部市国際文化センター コラーレ
出演 七瀬なつみ、石母田史朗、佐藤B作、佐藤銀平、山野史人
脚本
演出 マキノノゾミ
料金(1枚あたり)
【発売日】
公式/劇場サイト

http://www.kpac.or.jp/collection9/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月17日(土曜日)19時
説明 [上演時間は約2時間(休憩含む)を予定]

ala Collectionシリーズとは

アーラの充実した施設群を活用し、キャスト・スタッフが1ヶ月間可児に滞在し演劇製作!
新作主義の日本の演劇界に対して消費されゆく過去の優れた戯曲に焦点を当て、リメイクして作品を再評価するプロジェクトです。また、アーチスト・イン・レジデンスを基軸として、第一線で活躍するキャスト・スタッフが可児市に滞在しながら作品を制作し、可児市から全国に発信する質の高い作品づくりを目指しています。

文豪 谷崎潤一郎と劇聖 小山内薫の短編劇。
男と女、父と子、二つの「情」の物語

谷崎潤一郎作「お国と五平」と小山内薫作「息子」は共に大正時代に発表され、歌舞伎で上演されることのある人気作品です。
「お国と五平」ではある男の過剰な愛から発展する奇妙な恋の三角関係を描き、「息子」では不器用で頑固な父子の姿を描いた心に沁みる作品です。恋と父子愛、この普遍的なテーマを扱った両作品をマキノノゾミの演出と佐藤B作の主演で新たな魅力を引き出し、現代へと蘇らせます。

「お国と五平」
― ある男の過剰な愛
武家の後家・お国(七瀬なつみ)は夫の敵・池田友之丞(佐藤B作)を探すため、若党の五平(石母田史朗)とともに仇討の旅に出た。それからすでに3年の月日が経ち、お国と五平の心はいつとはなしに相寄っていた。お国と五平が旅の途中で休んでいると、やがて姿を現したのは、なんと友之丞であった。男女の縺れ合う嫉妬と愛憎を、狂気を孕んで描く谷崎潤一郎の傑作戯曲。

「息子」
― 不器用で頑固な父子の姿が心に沁みる
老爺(佐藤B作)の火の番小屋へ若い男(佐藤銀平)がやってくる。老爺は内へ入って火に当たれとすすめた。しばらく話をするうちに二人の感情は互いの境遇にまで触れていた。大阪へ行っていたという若い男。老爺の息子も大阪へ行って、久しく消息を絶っている。やがて捕吏(山野史人)が姿を見せると、若い男はなぜかそわそわしだした。雪降る一夜を温かくも切なく綴る父と子の物語。
その他注意事項 ※未就学児の入場はご遠慮ください
スタッフ [作] 「お国と五平」谷崎潤一郎 「息子」小山内 薫

[美術] 奥村泰彦
[照明] 中川隆一
[音響] 内藤博司
[衣裳] 三大寺志保美
[演出助手] 郷田拓実
[床山] 上田喜三郎
[かつら] 細野かつら店
[舞台監督] 森 和貴
[宣伝写真] 加藤 孝
[宣伝美術] 株式会社カラビナ
[宣伝ヘアメイク] 荻野明美
[宣伝衣裳] 牧野iwao純子
[題字] 渡邉蕗華
[制作] 伊藤しおり/澤村 潤/馬場順子
[プロダクションマネージャー] 村松明彦
[プロデューサー] 衛 紀生

[主催] 公益財団法人 可児市文化芸術振興財団
[協力] 公益財団法人 武蔵野文化事業団
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

[情報提供] 2016/09/29 17:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/10/10 07:01 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大