演劇

劇舎カナリア

シアターX(カイ)(東京都)

2016/10/29 (土) ~ 2016/10/31 (月) 公演終了

上演時間:

アントン・チェーホフは楽屋を舞台に、老いた喜劇役者とプロンプターの老人のやりとりよりなる「コロス」という自作の短編を、本人曰く「世界いち小さな劇」に仕立て上げました。 「1時間と5分で」だそうです。 「かもめ」を書くことなど思いもよらぬ27歳の彼は、すでに老優に「白鳥の歌」を歌わせていたのです...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/29 (土) ~ 2016/10/31 (月)
劇場 シアターX(カイ)
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2016/10/10
2,500円
サイト

http://www.theaterx.jp/16/161029-161031t.phphttp://www.theaterx.jp/16/161029-161031t.php

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル ※ギャラリーΧ(シアターΧ2階)での公演です
10/29(土)19:00
10/30(日)14:00 / 17:00
10/31(月)14:00
説明 アントン・チェーホフは楽屋を舞台に、老いた喜劇役者とプロンプターの老人のやりとりよりなる「コロス」という自作の短編を、本人曰く「世界いち小さな劇」に仕立て上げました。 「1時間と5分で」だそうです。 「かもめ」を書くことなど思いもよらぬ27歳の彼は、すでに老優に「白鳥の歌」を歌わせていたのです。 ところで「かもめ」が上演される劇場の楽屋を舞台に、プロンプターでいることの方が多かった女優たちと、ニーナを演じる女優が現れる「楽屋―流れ去るものはやがてこなつかしき―」と題した作品を書いたのが清水邦夫。 楽屋の壁につけられたアイロンの焼け焦げに、女優の業のようなものを嗅ぎ取って書き上げたようです。 今回はギャラリーΧの空間で、声の展覧による読白劇として「白鳥の歌」を川辺久造がうたい、「楽屋」は「流れ去るもの」としての四人の女優たちの人物展示に手ご覧いただきます。
その他注意事項
スタッフ 『白鳥の歌』
作 : アントン・チェーホフ
台本・演出 : 山本健翔
出演 : 川辺久造 山本健翔

『楽屋』
作 : 清水邦夫
台本・演出 : 山本健翔
出演 : ささいけい子 藤田未来
都築直美 細井ゆめの

[情報提供] 2016/09/29 16:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/11/27 23:19 by Q

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大