激情 公演情報 激情」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 3.1
1-18件 / 18件中
  • 北海道
    北海道を感じた。

  • 満足度


    粗悪

  • 激情
    照明がきれいでした。
    におってきそうな舞台でした。
    観劇後の気分はあまり優れませんでした。
    でも、気になる感じはなんなのかしら。。

  • 満足度★★★★

    舞台版「裏・北の国から」らしいです。
    しかし、北の国から見たことないんす・・・非国民と呼ばないで。らーらー らららら らーら。なんかシリーズものって初めから見ないと気が済まない上、あまりに長いと見る気しないという、なんとも怠惰な僕です。

    そう、怠惰。これも代表のひとつ。この劇団、普通なら人に見られたくない部分を、敢えてピックアップして見せてくれます。ビジュアル面、メンタル面含め、人間の恥部を。

    痛すぎて終演時に拍手できない。というか、そんなことどうでもよくなる。そういうやり方で心をこじ開けてくれる、とっても面白い劇団。

  • 二回目の
    ポツドール。
    町田マリーに衝撃でした。

  • 満足度★★★

    意外と大丈夫だった
    本多でポツドール。
    通用しないんじゃない?って思ってたけど意外と対応できていたと思う。
    でも、この小屋が彼らにとってベストじゃないのはたしか。

    内容も初演を観ているからそこまでの衝撃ではなかった。

  • 満足度★★★

    面白いけど嫌いです
    入場してから既に色々不愉快な点があったこともありますけど。
    久しぶりの本多劇場だったのですが、こんなに観づらい劇場だったっけと思ってしまった。
    良くできた、力のある作品であることは確かだと思います。150分もあったのに休憩無しで時間を気にせず観られたんですから。
    三浦大輔の現実を切り取ってくる感覚と作品構成力は確かなものだし、俳優陣も中々だった(舞台での存在感を示せていたのは町田マリーだけだったと思うけど)。
    けれど私はこんな芝居を観たいとは思わんのです。如何にも現実的に、今も何処かにありそうな、どうしようもない状況を舞台の上で、ことさら露悪的に見せられても、嫌な気分になる以上の何も無い。
    面白いけど嫌いだし、良く出来てるけど他人には絶対勧めない。そんな作品だったかな。
    この舞台の先に何かがあるとは到底思えない。
    だから何なの?としか言えない。
    そういう芝居は嫌いです。今回で、よりはっきり分かった。

  • 面白いのか面白くないのか・・・
    初観劇。後ろのお客さんが、「いつもよりストーリーがちゃんとあった」と言っていましたが、個人的には前評判が高かっただけに、意外にフツーだなぁという印象。そんなにえぐくもなかったし、後味も悪くなかった。小さな劇場で見るのとは、随分雰囲気が変わってしまったんだろうな、と。それを考えると、この劇団の表現方法には限界があるのでは、と思います。笑いはわりと好み。これくらいのキャパの劇場での次作を観てみたい。

    ネタバレBOX

    登場人物たちが、突然キレる場面が多発する。観ていると、だいたいいつキレるかわかってくるのだが、その感覚をどう楽しんでいいのかがよくわからず・・・。
  • 満足度★★

    M列でした。
    いつも徹底されてる部分がされてないような気がしました。マイクなのかスピーカーなのか、違和感のある空気。だったら、まだ聞こえにくい方が良かったです。

    それぞれのシーンで「終わり」に向かう流れを切り、見せないようにしてましたが、そこが観たかった気も。ラストを観ると、やりたいことが別にあったのだろうなぁと。
    「痛さ」ではなく「弱さ」を観たかったという、好みの問題です。まぁ、それぞれ強烈な弱さだとは思いますが、表に現れない部分の動きが観たかったなと。

    ネタバレBOX

    暗転明けの状態。季節の流れで部屋が乱れて行ってるのとは違うと思います。あと、屋根に垂れていた「美術」と感じてしまう糸。意味を汲み取れず、ただ気になってしまいました。
    なんか、らしくない気が。

    「1時間かけて謝る」「けんかの終わり」など、ぐだぐだした裏を切って『表を魅せる覗き見』より、『裏を観る覗き見』の方が好みです。となると劇場の大きさが変わってくるのか…。うーむ。
  • 満足度★★★★

    徹底した救いのない状況
    …を第三者の立場でまじまじと見てみたいという欲求ってあると思うです。その欲求は満されました。

    前作の「恋の渦」見たときも思ったのだけれど、登場人物を全員正座させて説教したくなる瞬間が必ずあるなあ。

  • 満足度★★★

    再演
    初演―駅前劇場、再演―本多劇場。違いを見るのが楽しかった。感情が爆発するシーンが好きだったけど、劇場が大きくなってエネルギーが散ってしまった。まぁ仕方ないけど。
    舞台美術や演出など、スケールアップしてるのが見もの。後味の悪さもエスカレート。

  • 3月6日ソワレ
    L列10番で観劇。プロジェクターのトラブルが。

  • 満足度★★★★

    安藤玉恵、町田マリー達の魅力勝ち
     が率直な感想です。

     登場人物全員イヤなヤツを演じていますが、一番悪さを演じずに精神的な悪さを観客の心に蓄積させてくれた町田マリーが良いですね。

     もちろんポツドール独特のグロさは町田マリーらしくないという感もありますが、あのグロさは町田マリーだからこそだと思います。

    ネタバレBOX

     脚本・演出に関しては正直難を感じました。

     ストーリーに魅力を持たせようとしているわけではないでしょうが、やはり話の展開がやや安易かと。すぐに先が読めてしまうのが大きかった。作品全体に嘘はないけれども東京人たちのくだりは嘘ですよね。人間の内面を描くのに長けているはずなのに、そこは残念でした。激情をさそいだすために当たり前すぎるエサという点です。

     作品の世界観の良さはもちろん実証されていますが、ただひとつ決定的に挙げるとすれば、この作品は駅前劇場の方が良いですね。

     安藤さん、町田さんの魅力に評価です。
  • 満足度★★

    演技は見ごたえがありました。
    でも全体としてはあまり面白みを感じられなかったです。個人的にはR-25ぐらいにしてもいいんじゃないかと思います。感想はトラックバックさせていただきました。

  • 満足度★★★★

    これだょo(*≧д≦)o"))
    あるある!そうそう!だよね!なんて共感しっぱなしの2時間♡o。.これに共感しちゃう自分もどうかと思いますけど、帰り道でナゼか悲しい気持ちになりました。善意や常識の押し付けって嫌だなぁって(✿ฺ-ω-)ゥンゥン♫ 自分もそうならなぃょぅ気をつけます☆

    ネタバレBOX

    今回エロ少な目!って思ったけど、セックスょり余程グロい。そのグロさが悲しぃのかな。。もう下半身露出とか必要なぃですね、ココ☆
  • 満足度★★★★

    差別意識の連鎖
    閉鎖的なサークルの中でよどんだ人間関係の暗部を,性と金と差別感情を軸に,戯画的に描く黒いウェルメイド・プレイ.
    最後の場面のあまりに露骨な悪趣味ぶりには思わず爆笑していしまう.
    子供には見せたくない芝居である.

  • 200703061930
    200703061930@本多劇場2h15休憩無し

  • 満足度★★★

    久々の。
    随分前に駅前で観た時はまだセミ・ドキュメント形式をやってた時で。久々のポツドールは相変わらず救いのない、嫌らしい部分を逃げずに作っていていや~な感じでしたが、面白かった。それは観劇というより「目撃」もしくは「覗き見」している感覚に近いんだけど、そう思わせる手法、役者の状態は見る価値あり。

このページのQRコードです。

拡大