演劇

劇団鹿殺し15周年記念第三弾 伝説リバイバル

image -KILL THE KING-大坂公演(全日程終了!ご来場ありがとうございました!)

劇団鹿殺し

ABCホール (大阪府)

他劇場あり:

2016/12/08 (木) ~ 2016/12/11 (日) 公演終了

上演時間:

この夏1万人を動員した劇団鹿殺しが、小劇場に帰ってくる!
距離感ゼロの圧倒的密度を体感せよ。

2003年上演、伝説の初期作品「妄想系SFカルト劇」が蘇る。


《ストーリー》
鰤富子(ブリトミコ)は、キレていた。「私の人生は、クダラナイ……」
後輩のホステス・環(タマキ)は売...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/12/08 (木) ~ 2016/12/11 (日)
劇場 ABCホール
出演 劇団鹿殺し総出演、小沢道成(虚構の劇団)
脚本 丸尾丸一郎
演出 菜月チョビ
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 4,500円
【発売日】
サイト

http://shika564.com/image/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この夏1万人を動員した劇団鹿殺しが、小劇場に帰ってくる!
距離感ゼロの圧倒的密度を体感せよ。

2003年上演、伝説の初期作品「妄想系SFカルト劇」が蘇る。


《ストーリー》
鰤富子(ブリトミコ)は、キレていた。「私の人生は、クダラナイ……」
後輩のホステス・環(タマキ)は売れない映画監督(サブ)と同棲しながら、女優を目指して舞台に立つ日々。
ある日、環の主演する劇場を襲撃したのは「ノアの箱舟化計画実行委員会」を名乗る宇宙人たち。
王(キング)を筆頭に、地球上の生命体を全滅させること、選別した地球人を火星で更生させること、
次々と明らかになる彼らの「ノアの箱舟化計画」。
富子と環に危機が迫る時、救世主が現れる。黄金の男(ロキ夫)であった。
元世界チャンプのボクサーの体を持つ人造人間ロキ夫に、鰤富子の胸の炎が燃え上がる。
冷めていく環の恋!逃げる人造人間!嘆く宇宙人!回り続ける8㎜フィルム!
ロキ夫とキングの抱えた秘密の物語とは!人間、宇宙人、人造人間、なんでも来い!
縦横無尽の逃避行の果て、彼らは「輝かしい日々」を手に入れることが出来るのか?!
その他注意事項
スタッフ 音楽/オレノグラフィティ

舞台監督/野口毅
舞台美術/青木拓也
照明/吉澤耕一
音響/鏑木知宏
演出助手/木村さそり
衣装/赤穂美咲
ヘアメイク/宮内宏明
殺陣指導/森貞文則
大道具/C-COM
小道具/高津装飾美術株式会社
宣伝写真/江森康之
舞台撮影/彩高堂
舞台写真/和田咲子
制作/高橋戦車
制作協力/SUI・渡辺大
運営協力/サンライズプロモーション大阪
主催/株式会社オフィス鹿

[情報提供] 2016/08/13 15:59 by ハルオ

[最終更新] 2016/12/11 16:31 by 高橋戦車

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

高橋戦車

高橋戦車(1)

役者・俳優 制作

15周年、ファイナル!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大