鳥の劇場

新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ・スタジオA(新潟県)

他劇場あり:

2016/10/14 (金) ~ 2016/10/15 (土) 公演終了

上演時間:

日本による朝鮮の植民地支配・言葉の抑圧などをテーマに、詩を切り口にして太平洋戦争とその前後の状況を見つめます。両劇団の俳優、演出家が、個人史や学んだこと、教えられてきたことを共有することから作業を開始し、日本の戦争体験者へのインタビューや広島訪問なども行って、時代への理解をともに深めました。ド...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/14 (金) ~ 2016/10/15 (土)
劇場 新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ・スタジオA
出演 鳥の劇場[日本・鳥取]、劇団ティダ[韓国・江原道]
脚本
演出 べ・ヨソプ、中島諒人
料金(1枚あたり) 2,400円 ~ 3,000円
【発売日】2016/08/11
一般:3,000円
U25(25歳以下):2,400円
セット券:2作品以上の同時購入で各公演価格より、それぞれ500円割引(一般のみ)。
サイト

http://www.birdtheatre.org/beseto23rd/program/07/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月14日(金)19:00★
10月15日(土)14:00
★終演後、各作品の演出家と金森穣によるアフタートークあり
説明 日本による朝鮮の植民地支配・言葉の抑圧などをテーマに、詩を切り口にして太平洋戦争とその前後の状況を見つめます。両劇団の俳優、演出家が、個人史や学んだこと、教えられてきたことを共有することから作業を開始し、日本の戦争体験者へのインタビューや広島訪問なども行って、時代への理解をともに深めました。ドキュメンタリー的な過去の時間の再現、想像の場面をコラージュしながら、過去の悲劇を凝視し、共に生きる未来のあり方を模索します。

■鳥の劇場
2006年、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった学校と幼稚園を劇場に改造して、演劇活動、劇場運営を行う民間の芸術団体。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり、場の名前でもある。創作活動を中心にすえて県外や海外でも上演をする一方、招聘事業や教育普及事業も併行させ、「公共の場」としての劇場の姿を模索している。

■劇団ティダ
2001年、韓国国立芸術大学の卒業生によって設立。江原道華川郡の廃校をアトリエに改造し、拠点として創作活動を行う劇団。海外のカンパニーとの協同作業や教育普及事業を積極的に行い、華川郡の文化活動にも深く関わっている。道化劇を取り入れ、人形劇、仮面劇、音楽の融合を図る「韓国的かつコスモポリタンである」スタイルは、海外でも高い評価を得ている。
その他注意事項 日韓2ヶ国語上演(翻訳字幕あり)
スタッフ 構成・演出:べ・ヨソプ 中島諒人
※台本として「国語の時間」(作:小里清)を一部引用します。

[情報提供] 2016/09/03 18:39 by kimototaro

[最終更新] 2016/09/03 18:41 by kimototaro

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大