演劇

激団リジョロ第27回公演

タイガー×タイガー

0 お気に入りチラシにする

演劇

激団リジョロ第27回公演

タイガー×タイガー

激団リジョロ

ザムザ阿佐谷(東京都)

他劇場あり:

2016/11/25 (金) ~ 2016/11/28 (月) 公演終了

上演時間:

廃れたサーカス団を率いる団長・秀男は、行方をくらました弟の虎次郎を探しながら全国巡業を続けていたが、すでに疲れ果てていた秀男はついに命を絶つ。
死んだかと思われたが意識を取り戻した先は、かつて役者を志した公園だった。

訳も分からず十九歳に遡り、やり直すチャンスを得た秀男の目の前に現れた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/25 (金) ~ 2016/11/28 (月)
劇場 ザムザ阿佐谷
出演 金光仁三、小中文太、こんどうひろこ、斎藤このむ
脚本 JIN
演出 JIN
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,500円
【発売日】2016/09/01
前売・当日一律3500円
学割2500円(大学・専門学生可、高校生以下無料)
公式HPスーパーリザーブシート3000円
サイト

http://rigolock-hitman.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 【東京公演】
<11月>
25日(金)19:00
26日(土)13:00/18:00
27日(日)13:00/18:00
28日(月)13:00
説明 廃れたサーカス団を率いる団長・秀男は、行方をくらました弟の虎次郎を探しながら全国巡業を続けていたが、すでに疲れ果てていた秀男はついに命を絶つ。
死んだかと思われたが意識を取り戻した先は、かつて役者を志した公園だった。

訳も分からず十九歳に遡り、やり直すチャンスを得た秀男の目の前に現れたのはいつも心にあった憧れのあの人。荒れていく弟や、自らに取り巻く状況や人生をやり直すべく奔走するのであった。

これは在日韓国・朝鮮人社会に生まれた兄弟が時代に翻弄されながらももがき、苦しみ、交錯・衝突を繰り返し、すれ違いながらも"光"を掴もうとする物語であり、チャップリンに憧れた兄とその兄に憧れた弟の人生讃歌であり、壮大な「喜劇」である。
その他注意事項 新潟公演の会場について
【新潟県民会館 小ホール】です。
スタッフ 【照明】建部雅代
【音響】近藤光
【舞台美術】激団リジョロ
【制作】激団リジョロ

[情報提供] 2016/08/31 22:06 by 桃太郎

[最終更新] 2016/12/28 23:04 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大