演劇

アムリタ8

恋の死とその幽霊

アムリタ

荻窪小劇場(東京都)

2016/11/03 (木) ~ 2016/11/06 (日) 公演終了

上演時間:

三島由紀夫の近代能楽集を元に、亡霊とその弔いについて考えています。あなたとあなたの幽霊は同一の存在でしょうか。はじまったものはやがて終わりますが、その後に残るものはあるでしょうか。あるとしたらそれは何でしょうか。お墓?幽霊?消化しきれない過去や思いをわたしたちは、どうすれば/どのように弔うこと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/03 (木) ~ 2016/11/06 (日)
劇場 荻窪小劇場
出演 大矢文、越寛生((劇)ヤリナゲ)、鈴木太一朗、永渕沙弥(たすいち)
脚本 荻原永璃
演出 荻原永璃
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,100円
【発売日】2016/10/01
一般前売 2800円/当日3100円
U25前売 2500円/当日2800円(要証明証)
U18 500円(要証明証)
リピーター 1500円
プレビュー 2000円(3日のみ)
サイト

http://amritasystem.tumblr.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月
3日(木) 19時30分☆
4日(金) 19時30分
5日(土) 11時00分◆/15時00分◇/19時00分
6日(日) 13時00分/17時00分
※上演時間は80分前後を予定
☆プレビュー公演
◆◇終演後にゲストを招いてのアフタートークあり。
11時:山崎健太氏(演劇研究・批評)/15時:綾門優季氏(青年団リンク キュイ主宰、劇作家・演出家)
説明 三島由紀夫の近代能楽集を元に、亡霊とその弔いについて考えています。あなたとあなたの幽霊は同一の存在でしょうか。はじまったものはやがて終わりますが、その後に残るものはあるでしょうか。あるとしたらそれは何でしょうか。お墓?幽霊?消化しきれない過去や思いをわたしたちは、どうすれば/どのように弔うことが出来るでしょうか
その他注意事項 未就学児童の入場は不可となっております。
スタッフ 脚本・演出 荻原永璃
舞台監督 新居真夏(perrot)
音楽 白樺汐
音響 栗原カオス
照明 みなみあかり(ACoRD)
照明操作 木村麻衣子(劇団寄鳥緑)
映像撮影 和久井幸一
制作 渡邊夏菜、山岸大樹、飯塚なな子
ドラマトゥルク 吉田恭大

[情報提供] 2016/08/26 11:09 by アムリタ

[最終更新] 2016/11/04 23:05 by 35

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大