演劇

演劇ユニット螢火桜月第2回公演

「午前三時」

演劇ユニット 螢火桜月

Live BAR 円山ノクターン(北海道)

2016/10/07 (金) ~ 2016/10/08 (土) 公演終了

上演時間:

午前三時ーーーそれは草木も眠る丑三つ時
眠らない街ススキノも、ちらほらと街明かりが消え始める時間
そんなススキノの片隅に、まだ灯りの消えない店がひとつ
最近巷で話題のクイズBar
謎が謎を呼び、混乱は更なる混乱を招く
ふらりと訪れた客の運命は…本当の正解とはなんなのか!

そして...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/07 (金) ~ 2016/10/08 (土)
劇場 Live BAR 円山ノクターン
出演 HAR'u、Roman、MONOKURO、AN-NZ
脚本 螢火桜月
演出 Roman
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2016/09/10
前売り2000円、当日1500円
どちらも1ドリンク付き
サイト

http://keikaougetsu.jugem.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月7日(金)開場19:00 開演19:30
10月8日(土)開場19:00 開演19:30
説明 午前三時ーーーそれは草木も眠る丑三つ時
眠らない街ススキノも、ちらほらと街明かりが消え始める時間
そんなススキノの片隅に、まだ灯りの消えない店がひとつ
最近巷で話題のクイズBar
謎が謎を呼び、混乱は更なる混乱を招く
ふらりと訪れた客の運命は…本当の正解とはなんなのか!

そして別の店では、夏の終わりを受け止められない大男が、店主を巻き込み大騒動!
彼は、夏を取り戻せるのか!
紅葉を、止められるのか!!

次の話は海底にあるBar真珠貝亭を舞台に、
おとぎ話の住人が集い、管を巻く
罵り、笑い、ちょっぴりのサスペンスをスパイスに、メルヘンな童話を描きます

そして、夜は明けて行く
始まりがあれば終わりがある
最後の一杯は、少しほろ苦い
その他注意事項 会場は地下にございます。
エレベーターやエスカレーターはございません。
未就学児童入場不可。
駐車場無し
スタッフ

[情報提供] 2016/08/21 17:43 by Roman

[最終更新] 2016/08/21 17:46 by Roman

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大