歌舞伎・伝統芸能

〈銀座の囃小屋〉

喜多八膝栗毛 秋之彩

10周年感謝祭(最終回)

いがぐみ

博品館劇場(東京都)

2016/09/26 (月) ~ 2016/09/26 (月) 公演終了

上演時間:

柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛」は
2006年の高座30周年記念三夜連続独演会として、
博品館劇場でスタートしました。
その後、四季の独演会として開催され、この秋で10周年です。
主役である喜多八師は5月に逝去されましたが、
生前この10周年をたいへん楽しみにされておりましたので、
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/26 (月) ~ 2016/09/26 (月)
劇場 博品館劇場
出演 柳家喜多八(音源にて1席)、柳家小三治、柳家ろべえ、蜃気楼龍玉、太田その&松本優子
脚本
演出
料金(1枚あたり) 3,800円 ~ 3,800円
【発売日】2016/08/10
<全席指定>
3,800円
◎ご来場記念パンフレット「追録 喜多八膝栗毛」付
サイト

https://www.igagumi.co.jp/ec/html/products/detail.php?product_id=69

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月26日(月)19:00
説明 柳家喜多八独演会「喜多八膝栗毛」は
2006年の高座30周年記念三夜連続独演会として、
博品館劇場でスタートしました。
その後、四季の独演会として開催され、この秋で10周年です。
主役である喜多八師は5月に逝去されましたが、
生前この10周年をたいへん楽しみにされておりましたので、
最後の「喜多八膝栗毛」を感謝祭として開催させて頂くこととしました。
10周年の長きにわたり支えてくださったお客様への感謝を込めて、
喜多八師を偲びながら、生前の音源と縁の出演者にてお届けいたします。
開口一番は弟子のろべえ、来年春真打昇進が決定しております。
お次は長年喜多八師と神楽坂で二人会「七転八倒の会」を続けた龍玉師、
二ツ目時代に「膝栗毛」開口一番にも上がって頂いています。
そして仲入りに師匠である小三治師。
最初の「膝栗毛」三夜連続公演楽日にもご出演頂きました。
色物は喜多八師が大のお気に入りだったその&優子。
2人の後は上がりやすいと喜んでいた喜多八師、
最後は高座音源にて〆させて頂きます。
その他注意事項
スタッフ 主催・企画制作: いがぐみ

[情報提供] 2016/08/19 17:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/08/19 17:06 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大