演劇

08年度春公演

狐者異

デザイン:西山倫子

0 お気に入りチラシにする

演劇

08年度春公演

狐者異

中央大学第二演劇研究会

ウエストエンドスタジオ(東京都)

2008/06/05 (木) ~ 2008/06/08 (日) 公演終了

上演時間:


「姉は拒食、母は過食、父は栄養剤が食事。僕といとこの弘六はジャンクフードを食べている。毎日、毎日、毎日、毎日、毎日」

父、母、姉、弟。そして居候中の親戚。
一見ごく普通の、とある家庭。
しかしそこには、実はいびつな家族関係があった。
食事の内容も光景も全てがいびつながらも、毎日...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/05 (木) ~ 2008/06/08 (日)
劇場 ウエストエンドスタジオ
出演 富山光斗、柳原圭、小嶋直子、矢野由布子、今永大樹、白川健士、上野蓉子、露木さをり、永松信一
脚本 伊藤悠子
演出 伊藤悠子、吉田信悟
料金(1枚あたり) 400円 ~ 1,000円
【発売日】
前売/800円
当日/1000円

『平日割引』
5(木)6(金)19時の回は、前売・当日ともに【200円引き】させて頂きます。
『団体割引』
【ご予約の上3名様以上】でご来場の場合、お一人様【500円】でご覧頂けます。
※平日割引と団体割引を併用の場合、お一人様400円で御覧頂けます。
サイト

http://nigeki.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
「姉は拒食、母は過食、父は栄養剤が食事。僕といとこの弘六はジャンクフードを食べている。毎日、毎日、毎日、毎日、毎日」

父、母、姉、弟。そして居候中の親戚。
一見ごく普通の、とある家庭。
しかしそこには、実はいびつな家族関係があった。
食事の内容も光景も全てがいびつながらも、毎日毎日毎日、朝食だけはともにする。異常な日常が、毎日毎日毎日。
繰り返される異常な日常が、次第に加速度をつけて変化していく。
そして起こる、ある事故。

やがて物語は、とんでもない結末をむかえる。



【狐者異(こわい)とは】
妖怪。生前に他人の食べ物まで食べてしまうような者が、死後にその執着心を引きずっているためになるといわれる。人間のような姿をしているが、手の指は二本。いかにも貪欲で口から涎を垂らし、血眼になりながら食物を探す。店を襲って食べ物を奪い、生ゴミをあさり、死肉すら口にするという。



『食・家族・日常』をテーマにした、オリジナル脚本。
その他注意事項 途中入退場不可
スタッフ 舞台監督・美術 阿久澤 梢
照 明 細野 和也
音 響 山下 永祥
大道具 古宮 陽平
大道具補佐 今永 大樹
小道具 前田 文菜
衣 装 藍原 一真
衣装補佐 中山 理恵
流 通 今永 大樹
宣伝美術 西山 倫子
制 作 上野 蓉子
制作補佐 富山 光斗

[情報提供] 2008/05/18 22:33 by もや子

[最終更新] 2008/06/11 09:15 by もや子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

もや子

もや子(19)

制作です。宜しくお願い致します。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大