演劇

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 公式プログラム

フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』

デザイン:フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 Photo by Ignacio Iasparra

0 お気に入りチラシにする

演劇

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 公式プログラム

フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭

京都芸術センター(京都府)

2016/10/28 (金) ~ 2016/10/30 (日) 公演終了

上演時間:

フェイクとリアル、映像とパフォーマンスの洒脱なラリー

1975年、ブエノスアイレス生まれのフェデリコ・レオンは、舞台演出家、映画作家、俳優、作家…といくつもの肩書きを持つアルゼンチンの才人。アルゼンチン国内はもちろん、ヨーロッパからも熱い注目を集めている。2010年のKYOTO EXPE...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/28 (金) ~ 2016/10/30 (日)
劇場 京都芸術センター
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2016/08/08
全席自由
[前売り]
一般 3,000円
ユース(25歳以下)・学生 2,500円
シニア(65歳以上) 2,500円
高校生以下 1,000円
ペア(前売りのみ) 5,500円
[当日]
前売り券+500円(高校生以下は同額)

※18歳以未満入場不可
サイト

http://kyoto-ex.jp/2016-autumn/program/federico-leon/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 28日 (金)20:00-
29日 (土)14:00-*◎
30日 (日)20:00-

*ポスト・パフォーマンス・トーク
◎託児サービスあり(有料・要予約)

※受付開始・当日券販売→開演の60分前

上演時間 60分
説明 フェイクとリアル、映像とパフォーマンスの洒脱なラリー

1975年、ブエノスアイレス生まれのフェデリコ・レオンは、舞台演出家、映画作家、俳優、作家…といくつもの肩書きを持つアルゼンチンの才人。アルゼンチン国内はもちろん、ヨーロッパからも熱い注目を集めている。2010年のKYOTO EXPERIMENTでは、青年、若者、老人の3組の俳優による演技と映像とを巧みに組み合わせ、人の一生のうちの甘美な時間の記憶へと観客を誘った。
今回、上演される『Las ideas(アイディア)』は、制作過程における試行錯誤や葛藤、思わぬひらめきなど、普段頭の中で繰り広げられる自問自答を対話を通じて描き出す。舞台上には、作業机に見立てた卓球台とMacBook。 レオン自身と彼の共同制作者の2人が自身のアトリエで新たな作品の構想を練っている。

パソコン上では過去の様々な映像素材を見たり、その場で思いついたアイディアを検証したり、またその様子をリアルタイムで記録したり…幾重にも入れ子になった設定さえも自らネタにしながら、小気味よい会話でどこまでもユーモラスにかき乱していく。
作家の内面と創作の神秘という普遍的ともいえるテーマを、さながら卓球のラリーのようにメディアを自在に行き来しながら、多面的に描きだす本作。観客は作家の頭の中を覗き、しばし彼の思考に浸かることになる。演技とメディアの本質を射抜く機会ともなりそうだ。
その他注意事項 スペイン語上演(日本語字幕あり)

29日14:00からの公演のみ、託児サービスをご利用いただけます。
公演7日前までに要申込・有料(1,500 円)。
お問合せ:KYOTO EXPERIMENT 事務局(075-213-5839)
スタッフ

[情報提供] 2016/08/19 11:31 by 事務局

[最終更新] 2016/09/27 15:50 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大