演劇

鳥公園

BUCKLE KOBO(東京都)

他劇場あり:

2016/09/14 (水) ~ 2016/09/19 (月) 公演終了

上演時間:

ある日、突然現れたヤジルシに誘われて、さまよい歩く男と女。
出会う人々はみんな奇妙で何かを欠いた様子だけれど、
その人たちのギクシャクした体や不器用な言葉に触れるうち、男と女は無茶苦茶タンゴを思い出す。
何も特別なことのなかった日々が、それでも確かにあったんだったと、思い出す。

...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/14 (水) ~ 2016/09/19 (月)
劇場 BUCKLE KOBO
出演 武井翔子(鳥公園)、榊原毅、笹野鈴々音、立蔵葉子(青年団)*東京のみ出演、中藤奨(無隣館)、山崎皓司(FAIFAI)、宮崎晋太朗
脚本 太田省吾
演出 西尾佳織
料金(1枚あたり) 500円 ~ 3,500円
【発売日】2016/08/07
一般 3,000円
25歳以下 2,500円
高校生以下 500円
※当日券は500円増
​※高校生以下は前売・当日一律料金
サイト

http://infobirdpark.wixsite.com/12yajirushi

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 会場:BUCKLE KOBO(東京都大田区京浜島2-11- 7)

9月14日(水) 17:00~21:00
9月15日(木) 17:00~21:00
9月16日(金) 17:00~21:00
9月17日(土) 14:00~18:00
9月18日(日) 14:00~18:00
9月19日(祝) 14:00~18:00

=公演の形態について=
・本作品は、二階建ての元鉄工所内のそこかしこで起こっています。会場内をご自由に歩き回ってお楽しみください。
・入場の受付は30分ごとに受け付けます。(例:17:00~17:30、17:30~18:00)ご予約された30分以内の間にいつご来場いただいても構いません。また、終了時刻の間までは自由に滞在していただけます。
・入場の最終受付は終了時刻の90分前です。(夜の回は19:30、昼の回は16:30最終入場)
・後半の時間帯は混雑が予想されます。あらかじめご了承ください。
説明 ある日、突然現れたヤジルシに誘われて、さまよい歩く男と女。
出会う人々はみんな奇妙で何かを欠いた様子だけれど、
その人たちのギクシャクした体や不器用な言葉に触れるうち、男と女は無茶苦茶タンゴを思い出す。
何も特別なことのなかった日々が、それでも確かにあったんだったと、思い出す。

そうしてまた、くり返し。

----

 太田省吾さんの最後の戯曲『↗ ヤジルシ』を上演します。
 この戯曲は、2001年の同時多発テロに対する応答です。9.11が起こってしまうに至る世界を生きてきた者として、9.11以後をどのように生きられるか? 9.11以後の世界で、どのような表現が可能か?(そもそも、表現行為自体が可能なのか?)という問いを、太田さんがどれほど重く捉えていたか。そのことは、2002年に太田さんが批評家の鴻英良さんと創刊した雑誌「舞台芸術」に満ち満ちる意志からも推し量られます。
 9.11は、どこか遠くで、誰か知らない野蛮な人が起こした出来事ではありませんでした。ブッシュ元大統領は「敵」を「我々」の外側に作ろうとしたけれど、「イスラム過激派のテロリスト」たちはヨーロッパで学び、アメリカで学び、ツインタワーに突っ込んだのです。「敵」のオリジンを辿れば「我々」に行き着いてしまう。グローバル化が進み、経済が一元化されて、全てが繋がってしまった世界では、からがら今日を生き延びた「私」が、どこかで別の「私」を踏みにじっています。「テロリスト」は「私」たちから生まれます。誰も無垢ではありません。
 そして9.11から15年が経った今、テロはずいぶん日常的な位置に置かれるようになってしまいました。あまりに頻繁に起こり過ぎて、「○.○○以降の表現」を問い直す間もありません。ちなみに日本について言えば、3.11で明るみに出た「私」による別の「私」への搾取/支配は、より強い力でねじ伏せられ、再び覆い隠されつつあります。「私」たちによる「私」たちの殺害が加速しています。
 芸術になんの意味があるのか、けっこう本気で分からなくなっています。これは一体誰に、どんな現実に効くんだろうか?と思う作品に出会っていると、芸術は、まだ比較的生きられている側の人たちによる/人たちのための慰みなのか?と思います。
 そうではないと思うから、つくります。
​(演出 西尾佳織)
その他注意事項 =公演の形態について=
・本作品は、二階建ての元鉄工所内のそこかしこで上演が起こります。会場内をご自由に歩き回ってお楽しみください。
・入場の受付は30分ごとに受け付けます。(例:17:00~17:30、17:30~18:00)ご予約された30分以内の間にいつご来場いただいて構いません。また、終了時刻の間までは自由に滞在していただけます。
・入場の最終受付は終了時刻の90分前です。(夜の回は19:30、昼の回は16:30最終入場)
スタッフ =舞台監督= 熊木 進
=舞台美術= 中村友美、佐々木文美(FAIFAI)
=照明= 中山奈美
=音響= 中村光彩
=演出助手= 山田カイル(GERO)
=宣伝美術= 鈴木哲生
=当日運営= つくにうらら(カミグセ)
=制作= 萩谷早枝子(鳥公園)
=助成=
公益財団法人 セゾン文化財団
公益財団法人 アサヒグループ芸術文化財団[瀬戸内公演]
=主催=
鳥公園[東京公演]
​瀬戸内国際芸術祭実行委員会[瀬戸内公演]

[情報提供] 2016/08/09 17:54 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/04 17:36 by 萩谷早枝子

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

つくにうらら

つくにうらら(0)

脚本 演出 制作 当日運営

当日運営です

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大