悪魔のしるし

Kanzan Gallery(東京都千代田区東神田1丁目3-4, KTビル2F)(東京都)

2016/07/26 (火) ~ 2016/07/31 (日) 公演終了

上演時間:

Exhibition
劇的なるものをネグって / off the dramatic passions

本展は、作家による公開制作を行う前半部(7月中旬までを予定)と、
パフォーマンスを行う後半部(7月26日から31日まで)に分かれています。

展示概要
2016年7月8日。そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/26 (火) ~ 2016/07/31 (日)
劇場 Kanzan Gallery(東京都千代田区東神田1丁目3-4, KTビル2F)
出演 危口統之、捩子ぴじん、百瀬文
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2016/07/10
前売¥2000
当日¥2500
サイト

http://www.akumanoshirushi.com/neg.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/26(火)18:30 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス
7/27(水)18:30 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス
7/28(木)18:30 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス
7/29(金)18:30 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス
7/30(土)午後〜 百瀬文パフォーマンス / 17:00 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス / 18:30 終演後トークイベント
7/31(日)午後〜 百瀬文パフォーマンス / 17:00 危口統之 / 捩子ぴじんパフォーマンス / 18:30 クロージングパーティー(無料)
https://www.facebook.com/events/286032015084108/
説明 Exhibition
劇的なるものをネグって / off the dramatic passions

本展は、作家による公開制作を行う前半部(7月中旬までを予定)と、
パフォーマンスを行う後半部(7月26日から31日まで)に分かれています。

展示概要
2016年7月8日。その日が初日の「危口統之(悪魔のしるし) 劇的なるものをネグって」の会場には、おそらく作品と呼べるものは皆無だろう。あるいは壁面には、なんらかの支持体に相当する大きなベニヤ板が打ち付けられているかもしれない。あるいは、ギャラリーの中央には今後の展覧会の行く先を示す、とある構造物が置かれているかもしれない。いずれにせよ本展は、ほぼ空白の状態からスタートする。開催に先立ち、本展の企画者である私は、ステートメントにこのように書いた。 危口は演劇的現象が生起する「場」に関心を寄せる。舞台があって客席があれば(それがどんなに簡素なものであったとしても)、その関係性から「演劇」は立ち上がりうる。本展では、そのメカニズムを巡る考察を展開する予定だ。 今あなたの目の前にあるかもしれない空白は、その演劇的現象を生起するための土地である。これから危口統之は、会期中の多くの時間を割いて、ここに「演劇」なるもの、「劇的」なるものを召還しようと試みる。そこで呼び出されるのは、現代日本の景観に公共性の幻影を見ようとした建築家たちによる「残念(な)舞台」であったり、はるか古代、儀礼のための空間であったものが劇場(シアター)へと変容していく歴史の概括であったりする。それらが姿をあらわすのと相同し、それらが意味するもの、そして危口が彼の「演劇」において取り扱おうとしている問題系が明らかになるかもしれない。 (美術ライター・編集者 島貫泰介)

2007年の秋頃、つるんでいた友人たちと共に演劇の真似事を始めたときから今の今まで扱う主題は「出来てなさ」であり続けた。それは専門的な訓練を経ぬまま活動を始めた自分自身への言い訳でもあったし、舞台に立ったことのない友人を引っ張り込み何とかして演劇らしきことをさせようとするときの価値基準でもあった。そうこうしているうちに、そもそも出来ているとは何だ、どういうことだと考え始めることになる。いっけんダメなことのように思えるが実はそれこそが演劇の本質ではないかと疑いを持ちはじめる。写実にこだわるほど舞台上での振る舞いは滑稽に見えてくる。むしろまがい物であることを強調するほうが格好いいんじゃないかと思えてくる。埋葬された真らしさの上に建てられた立派な墓碑。その美しさ、そのつつがなさを生みだす高度な技能をついに持てずじまいだった我々は倒錯だと重々承知の上でリアリティという棺の中で腐っていく。西洋から伝わった演劇なるものをこの国がどう演じたかについては様々な論者が語っている。その失敗、片時の成功、そしてさらなる失敗、そうこうしているうちに到来する多様性賛美の時代。みんな違ってみんないい。それら多様な差異の住まう館は完全にバリアフリー化されている。弱者に厳しい段差などあってはならない。こうしてまたひとつ劇的なるものはネグられ、世界は完成に近づく。 (演出家・悪魔のしるし主宰 危口統之)
その他注意事項 ※ 一回の公演のキャパシティはだいたい30席くらいです
※ 百瀬文のパフォーマンス(7/30~31 昼頃)は予約不要です
スタッフ

[情報提供] 2016/08/09 14:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/08/09 16:50 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大