演劇

Shizuoka春の芸術祭2008

かもめ・・・プレイ

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 野外劇場「有度」(静岡県)

2008/06/07 (土) ~ 2008/06/08 (日) 公演終了

上演時間:

わたしはかもめ、いいえ、そうじゃない・・・。
ブラジル最先端カンパニー、チェーホフをあそぶ
チェーホフの『かもめ』の上演・・・
この難題に挑むある劇団の一日。

『かもめ…プレイ』はチェーホフの「かもめ」を演ずる稽古場をそのまま舞台にしている。「かもめ」の主人公たちは演劇に失敗して...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/07 (土) ~ 2008/06/08 (日)
劇場 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
出演 エンリケ・ディアス
脚本
演出 エンリケ・ディアス
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2008/04/07
4,000円/同伴チケット(2枚)7,000円
大学生・専門学校生 2,000円 高校生以下 1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/seagull.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 わたしはかもめ、いいえ、そうじゃない・・・。
ブラジル最先端カンパニー、チェーホフをあそぶ
チェーホフの『かもめ』の上演・・・
この難題に挑むある劇団の一日。

『かもめ…プレイ』はチェーホフの「かもめ」を演ずる稽古場をそのまま舞台にしている。「かもめ」の主人公たちは演劇に失敗してばかりいる。演劇を演じられない人たちの悲喜劇はどうやって演じればいいのか?ブラジル現代演劇の俊英エンリケ・ディアスは、この難問に絶妙の解答を見つけた 一緒に失敗してみればいいのだ。やりすぎたり、物足りなかったり、役が合わなかったり…。そんな繰り返しで、少しずつ舞台ができあがっていく。稽古場の悲喜劇が、チェーホフの傑作をスリリングにする。

※8日は終演後、エンリケ・ディアス(演出家)、岡田利規(演劇作家・小説家)、宮城聰(SPAC芸術総監督)によるアフタートークを行います。
その他注意事項
スタッフ 演出 エンリケ・ディアス
原作 チェーホフ

[情報提供] 2008/05/15 06:47 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/06/07 17:29 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大