舞踊・バレエ

Shizuoka春の芸術祭2008

クリシュナ九変化/半人半獅子ヴィシュヌ神

南インド古典舞踊劇

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」(静岡県)

2008/06/07 (土) ~ 2008/06/08 (日) 公演終了

上演時間:

ケララ州の若き至宝カピラ・ヴェヌ
うねるビートに十変化!

クリシュナ九変化 6月7日(土)16:30
暴君カムサは、まだ幼子のクリシュナを自分の国に招き、数々の試練を与えて殺そうとする。ところがクリシュナはカムサが差し向ける巨大な象も屈強な拳闘家も次々と打ち破ってしまう。幼子クリシ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/07 (土) ~ 2008/06/08 (日)
劇場 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
出演 カピラ・ヴェヌ、ナタナ・カイラリ
演出 ゴーパル・ヴェヌ
振付
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2008/04/07
4,000円/同伴チケット(2枚)7,000円
大学生・専門学校生 2,000円 高校生以下 1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/kurisna.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 ケララ州の若き至宝カピラ・ヴェヌ
うねるビートに十変化!

クリシュナ九変化 6月7日(土)16:30
暴君カムサは、まだ幼子のクリシュナを自分の国に招き、数々の試練を与えて殺そうとする。ところがクリシュナはカムサが差し向ける巨大な象も屈強な拳闘家も次々と打ち破ってしまう。幼子クリシュナの驚異に出会って、ある者は驚き、ある者は恐怖し、ある者は恋に落ちる・・・。カムサ王の宮廷に集まる様々な人々が表した九種の感情(サラ)を踊り手が一身で表現。

半人半獅子ヴィシュヌ神 6月8日(日)16:30
「人にも獣にも、どんな武器にも殺されない」不死身の肉体を持った傲慢な魔王ヒラニヤカシプは、息子が、ヴィシュヌ神を讃えるのを聞いて我慢がならず、狂象や毒蛇を差し向けて殺そうとする。ところがそこに頭は獅子、体は人間という異形の姿に変身したヴィシュヌ神が顕れる・・・。
その他注意事項
スタッフ 演出 ゴーパル・ヴェヌ

[情報提供] 2008/05/15 06:41 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/05/25 21:58 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大