演劇

Shizuoka春の芸術祭2008

ハルッの物語

ファミリー劇場

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」(静岡県)

2008/05/31 (土) ~ 2008/06/01 (日) 公演終了

上演時間:


ハルッのハラペコがとまらない!
世界中を食べつくすハルッの物語

木の精(せい)がくれた男の子ハルッとやさしいおじいさんおばあさんの心あたたまるふしぎなお話。

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが二人でくらしていました。二人には子どもがいなかったので、さみしくて、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/05/31 (土) ~ 2008/06/01 (日)
劇場 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
出演 劇団ティダ
脚本 ベ・ヨソプ
演出 ベ・ヨソプ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2008/04/07
2,000円/親子券(中学生以下1名と保護者1名)2,500円
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/harut.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
ハルッのハラペコがとまらない!
世界中を食べつくすハルッの物語

木の精(せい)がくれた男の子ハルッとやさしいおじいさんおばあさんの心あたたまるふしぎなお話。

むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんが二人でくらしていました。二人には子どもがいなかったので、さみしくて、子どもが生まれるようにおいのりをしました。すると木の精が子どもをくれました。子どもの名前は「ハルッ」といいました。木の精は二人に、ハルッにはお米のごはんをあげちゃいけないよ、といいました。

ハルッはあっという間に大きくなりました。そしてある日、ごはんが食べたい、といいだしました。ハルッがあんまりねだるので、おじいさんとおばあさんはごはんをあげてしまいました。そうしたら、ハルッはおなかがすいてすいて、家じゅうのものを食べ、外のものも食べ、世界中のものを食べつくしても、まだハラペコがおさまらないのです・・・



どんな小さな物にも、その内側を見つめてみると、大きな世界が広がっています。『ハルッの物語』を見つめてみると、ふだん見慣れているはずのもの ── 家族、家庭、会話、食べ物、欲望・・・── が、ふだんと違って見えてきます。
アジア児童演劇の革命児ティダが、紙で作られたお面や人形、テピョンソ(チャルメラに似た韓国の管楽器)などの韓国演劇の伝統的な道具だけでなく、ペットボトル、シャベル、ビール瓶などといった楽器(!)を巧みに使って、大人にも子どもにも楽しめる、ふしぎですてきな舞台をみせてくれます。
その他注意事項
スタッフ 作・演出 ベ・ヨソプ

[情報提供] 2008/05/15 06:35 by こりっち管理人

[最終更新] 2008/05/15 06:37 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大