舞踊・バレエ

塩田千春展 鍵のかかった部屋 関連 ダンス・音楽プログラム

塩田千春展×ダンス・音楽 -4プログラムー

KAAT神奈川芸術劇場

神奈川芸術劇場・中スタジオ(神奈川県)

2016/09/23 (金) ~ 2016/10/09 (日) 公演終了

上演時間:

塩田千春「鍵のかかった部屋」では、空間芸術(美術)と時間芸術(パフォーミング・アーツ)とのより実験的な取り組みを展開します。KAAT神奈川芸術劇場・芸術監督の白井晃、神奈川芸術文化財団・芸術総監督の一柳慧両名のプロデュースによる、ダンス・音楽の公演を展示空間で上演します。ダンスプログラムでは、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/23 (金) ~ 2016/10/09 (日)
劇場 神奈川芸術劇場・中スタジオ
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2016/08/07
《日時指定・全席自由・税込》

▼「酒井幸菜、平原慎太郎、mama!milk」公演
前売3,500円/当日4,000円

▼「一柳慧プロデュース
公演 前売・当日3,000円 

※10/8,10/9の公演のみ「横濱JAZZ PROMENADE 2016」当日のバッジをお持ちの方は、先着20人までお入りいただけます。満席になり次第締切らせていただきます。
サイト

http://www.kaat.jp/d/shiota_dm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 《DANCE》
▼酒井幸菜「I’m here, still or yet.」
9.23(金)~25(日)
各日19:30開演

▼平原慎太郎「のぞき/know the key」
9.30(金)~10.2(日)
各日 19:30開演


《MUSIC》
▼「2台のコントラバスと古い扉とアコーディオンと無数の鍵による組曲」
10.8(土)
19:00開演

▼一柳慧プロデュース
「Music with and without the key」
10.9(日)
19:00開演 / 20:30開演
説明 塩田千春「鍵のかかった部屋」では、空間芸術(美術)と時間芸術(パフォーミング・アーツ)とのより実験的な取り組みを展開します。KAAT神奈川芸術劇場・芸術監督の白井晃、神奈川芸術文化財団・芸術総監督の一柳慧両名のプロデュースによる、ダンス・音楽の公演を展示空間で上演します。ダンスプログラムでは、気鋭のダンサー・振付家である酒井幸菜、平原慎太郎、それぞれの振付・出演による2企画。音楽プログラムでは白井がセレクトしたミュージシャンmama!milkによる公演と、一柳自らがこの企画のために選りすぐったミュージシャンによるプロデュース公演を開催します。約3,000ロールの赤い毛糸がつむぐ展示空間と、ダンス・音楽が交わることで起こる化学反応にぜひご期待ください。

《DANCE》
酒井幸菜 「I’m here, still or yet.」
9月23日(金)~25日(日) 各日19:30開演
振付・出演:酒井幸菜
音楽:大和田俊
衣裳:北澤哲次郎 中村麻希
テクニカルコミュニケーター:森純平
演出助手:吉中詩織

〈何か〉の気配。ずっとそこにいたのか、まだいないのか。同時に流れるいくつもの時間が、ふいに接触して現れる互いの姿——

平原慎太郎 「のぞき/know the key」
9月30日(金)~10月2日(日)各日 19:30開演
振付・演出・出演 平原慎太郎
出演 東海林靖志、町田妙子、渡辺はるか、村井玲美
声: 伊勢佳世
音楽:熊地勇太、景井雅之
衣裳 :西村友美子
協力: OrganWorks
テキスト:ポール・オースター「鍵のかかった部屋」をモチーフに、平原慎太郎

「のぞく」自分という存在を薄めて他者を見つめるのか、自分の存在を尊重して他者を薄めるのか。その部屋の中には沢山の「いと」が凝結した空気のように張られている。そこに沢山の「いと」を持ち運び融解をほのめかす。ポール・オースターのテキストをモチーフに展開される、身体と言語を使ったパフォーマンス。


《MUSIC》
「2台のコントラバスと古い扉とアコーディオンと無数の鍵による組曲」
10月8日(土) 19:00開演
音楽: mama!milk
演奏:コントラバス:清水恒輔, 守屋拓之
アコーディオン:生駒祐子
曲目:「2台のコントラバスと古い扉とアコーディオンと無数の鍵による組曲」

白井晃が塩田千春作品にあわせてセレクトした「mama!milk」による公演
インスタレーション空間そのものをモチーフに、古い扉と鍵が奏でる音と、コントラバス、アコーディオンが奏でる音が折り重なる・・・。


一柳慧プロデュース 「Music with and without the key」
10月9日(日) 19:00開演 / 20:30開演  (2公演は同一プログラム)
一柳慧が本展覧会をイメージして、自らプロデュースするプログラム。
一柳作曲の「弦楽四重奏曲第3番」と「ピアノ協奏曲第4番」の豪華2本立て。

★一柳慧作曲 弦楽四重奏第3番「インナーランドスケープ」
出演:インナーランドスケープvariations(多井智紀、大石将紀、石渡大介ほか)
1994年ニューアーツ弦楽四重奏団の委嘱により初演された弦楽四重奏第3番「インナーランドスケープ」を、
当時と完全に同じ譜面を用い、新機軸を持って実演するため集まった。非弦楽器奏者、弦楽器奏者で構成される。

★一柳慧作曲 ピアノ協奏曲第4番「ジャズ」(2台ピアノ版)
出演:中川俊郎、中川賢一
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/08/05 18:19 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/08/05 18:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大