東宝

シアタークリエ(東京都)

2016/08/27 (土) ~ 2016/09/05 (月) 公演終了

休演日:8/30(火)

上演時間:

超豪華キャスト×生演奏による美しい音楽×上質な演出!“必ずもう一度観たくなる”他に追随を許さない、この上なく贅沢な音楽朗読劇シリーズ始動!

「女王がいた客室」
本当だよ・・・
このホテルの従業員は皆、ロマノフ王朝の生き残りなんだ
嘘じゃないよ!
パリへ亡命してきた貴族達なんだ・・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/08/27 (土) ~ 2016/09/05 (月)
劇場 シアタークリエ
出演 鈴村健一(8/27)、中村悠一(8/28)、石田彰(8/29)、甲斐田ゆき(8/31)、平田広明(9/1・2)、浪川大輔(8/27)、山口勝平(8/28)、保志総一朗(8/29)、入野自由(8/31)、山路和弘(9/1・2)、沢城みゆき(8/27・28)、三森すずこ(8/29・31)、水夏希(9/1・2)、竹下景子(8/27-9/2)、上川隆也(9/3-5)、林原めぐみ(9/3-5)、山寺宏一(9/3-5)
脚本 藤沢文翁
演出 藤沢文翁
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2016/06/25
<全席指定>
8,000円
サイト

http://www.tohostage.com/voicarion/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 「女王がいた客室」
8/27(土)13:30 / 18:00
8/28(日)14:30 / 19:00
8/29(月)14:30 / 19:00
8/30(火)休演日
8/31(水)14:30 / 19:00
9/1(木)14:30 / 19:00
9/2(金)14:30

「Mr.Prisoner」
9/3(土)19:00
9/4(日)14:30 / 19:00
9/5(月)16:00
説明 超豪華キャスト×生演奏による美しい音楽×上質な演出!“必ずもう一度観たくなる”他に追随を許さない、この上なく贅沢な音楽朗読劇シリーズ始動!

「女王がいた客室」
本当だよ・・・
このホテルの従業員は皆、ロマノフ王朝の生き残りなんだ
嘘じゃないよ!
パリへ亡命してきた貴族達なんだ・・・
ポーターは伯爵家執事
フロントクラークは男爵
包丁を磨いているシェフは近衛連隊長なのさ
嘘だと思うなら、コンシェルジュにぶつかってみなよ
きっと馬鹿に礼儀正しくお辞儀をするはずさ・・・・

20世紀初頭のパリを舞台に、
ロマノフ王朝最後の生き残りとなった貴族たちが織り成すヒューマンドラマ。
それは、アナタがきっと宿泊したくなるホテル。

「Mr.Prisoner」
19世紀 英国
ロンドン塔(Tower of London)地下3階には
光を通さない分厚い鉄扉の独居房があった
そこには一人の囚人が幽閉されていて
囚人の周囲には、不思議な指示が出されていたという・・・
“牢屋番は耳の不自由なものにせよ”
囚人番号252号・・・
彼は「絶対に声を聞いてはならない囚人」と呼ばれていた・・・
その他注意事項
スタッフ 作曲・音楽監督:小杉紗代

[情報提供] 2016/07/28 14:05 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/05 04:59 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大