演劇

りゅーとぴあ発・新リーディングシリーズ「ふたりものがたり」

「檀」~もう一度、妻になれたら~

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

草月ホール(東京都)

他劇場あり:

2016/07/19 (火) ~ 2016/07/24 (日) 公演終了

上演時間:

「ふたりものがたり」は「ふたり(two actors)」の「ものがたり(reading act)」です。
余計なものを削いで極め、その頂きにあるのが究極の舞台「ふたりものがたり」なのです。

舞台にあるのは、ふたつの椅子。
上手から、ひとりの俳優が、下手から、もうひとりの俳優が、
そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/19 (火) ~ 2016/07/24 (日)
劇場 草月ホール
出演 中井貴一、宮本信子
脚本 合津直枝
演出 合津直枝
料金(1枚あたり) 4,500円 ~ 6,500円
【発売日】2016/01/23
<全席指定>
S席:6,500円
A席:5,500円
B席:4,500円
「乳房」&「檀」2公演特別セット券(東京) 11,000円
サイト

http://www.ryutopia.or.jp/schedule/16/0727t.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/19(火)19:00
7/20(水)19:00
7/21(木)15:00
7/22(金)15:00 / 19:00
7/23(土)15:00
7/24(日)15:00
説明 「ふたりものがたり」は「ふたり(two actors)」の「ものがたり(reading act)」です。
余計なものを削いで極め、その頂きにあるのが究極の舞台「ふたりものがたり」なのです。

舞台にあるのは、ふたつの椅子。
上手から、ひとりの俳優が、下手から、もうひとりの俳優が、
それぞれテキストを持って登場し、椅子にすわります。
やがて、繰り広げられるのは、著名作家が紡いだ、至高の物語―。

【 あらすじ 】
ノンフィクション作家・サワキは、檀一雄の妻・ヨソコに一年余の綿密なインタビューを重ねる。取材の過程で、ヨソコは初めて私小説といわれる「火宅の人」を通読する。「そんなふうに思っていたんですか・・・」ヨソコは、戸惑い、激しく動揺する。しかし、サワキと語るうちに「私は【愛人に夫を奪われた可哀そうな妻】ではなかった」と、思いがけない感慨に辿りつく。
その他注意事項
スタッフ 原作:沢木耕太郎
企画・台本・演出:合津直枝

主催:公益財団法人 新潟市芸術文化振興財団  NST
製作:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

[情報提供] 2016/07/20 13:59 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/07/21 16:32 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大