演劇

NPO法人おとくにパオ鑑賞企画

秘密を共有し 心がつながっていくこどもたち 夏の15日間の物語・・・

ムンジャクンジュは毛虫じゃない

0 お気に入りチラシにする

演劇

NPO法人おとくにパオ鑑賞企画

ムンジャクンジュは毛虫じゃない

秘密を共有し 心がつながっていくこどもたち 夏の15日間の物語・・・

人形劇団クラルテ

京都府長岡京記念文化会館(京都府)

2016/09/10 (土) ~ 2016/09/10 (土) 公演終了

上演時間:

秘密を共有し心がつながっていく こどもたち 夏の15日間の物語

「こいつは毛虫とちゃう思うねん」
 転校生の良枝は、この町では誰も行かない、行くとたたりがあると言われている「クロヤマ」へ知らずに登り、「クロヤマソウ」という珍しい花を見つけました。良枝にその花のことを教わった稔と克彦...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/10 (土) ~ 2016/09/10 (土)
劇場 京都府長岡京記念文化会館
出演 三木孝信、奥村佳子、西島加寿子、福永朋子、松原康弘、隅田芳郎、梶川唱太、荒木千尋、茨木新平、西本武二(声のみ)
脚本
演出
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,000円
【発売日】2016/07/01
こども(3歳以上~小学生) 2,000円
大人 2,500円
親子ペア 4,000円

※全席自由席
※3歳未満のお子さんは保護者のおひざの上であれば無料です。
※当日券はすべて500円増しとなります。
サイト

http://www.clarte-net.co.jp

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月10日(土)14:00開演
(開演の30分前開場)
説明 秘密を共有し心がつながっていく こどもたち 夏の15日間の物語

「こいつは毛虫とちゃう思うねん」
 転校生の良枝は、この町では誰も行かない、行くとたたりがあると言われている「クロヤマ」へ知らずに登り、「クロヤマソウ」という珍しい花を見つけました。良枝にその花のことを教わった稔と克彦がクロヤマへ行ってみると、頂上には良枝のいうとおり、見わたす限り美しいクロヤマソウが咲いていました。
ところがこの花を二人が持ち帰った事から、町中の話題になり大人たちが我先に引き抜いてしまったのです。驚いた稔と克彦は再びクロヤマに駆けつけますが、荒れ果てた頂上には、たった一本のクロヤマソウと良枝からのSOSのメモが・・・。
 急いで良枝の家を尋ねた二人を待っていたのは、クロヤマソウしか食べない不思議ないきもの「ムンジャクンジュ」だったのです。
「みんなも秘密を守ってくれるか?」
 ムンジャクンジュは日毎に大きくなって、食べるクロヤマソウの数を増やしていきます。
クロヤマソウを集めることは、だんだん難しくなっていきました。
 三人はクラスメートにムンジャクンジュのことを打ち明けて協力を頼み、みんなもこの秘密に力を合わせてくれました。けれども、みんなで集めたクロヤマソウも数が足りず、ムンジャクンジュは・・・。

----------------------------------------------------

≪すごいな!この子たち すごいな!この協力≫
NPO法人おとくにパオ

 こどもたちの健やかな心身の成長を願い、わたしたちはここ乙訓の地域に根ざし16年間活動を続けています。五感に触れる体験を大事にしていますが、豊かな感性を身につける舞台鑑賞の機会を持つことを、とりわけ大切に考えています。
 舞台演劇は、総合芸術です。お芝居はもちろんのこと、美術や音楽、照明、音響をすべて生の人間がこなしています。それぞれの息がぴったり合わないと成り立たず、それは観客の参加あっての成立です。こどものための優れた舞台には、心を耕す要素がいっぱいつまっています。今回の、ムンジャクンジュという不思議な生き物は、人形劇ならではの可能性を感じます。観るこどもたちの歓声を今から想像し、わたしたちは胸を高鳴らせています。
 そして、この人形劇には一緒にわくわくする「友だち」、目指すことのためにみんなが建前でなくほんとに「協力する」こと。こどもたち自身が本来能動的にそれに触れ、また学びたいものが丁寧に描かれています。こんな友だち、こんなクラスってすごいな!物語の世界にとっぷり入り込んで、こどもたちが元気になってくれたらと思います。
 わたしたちは、このすばらしい人形劇をたくさんのこどもや大人のみなさんに観ていただきたいと願っています。

----------------------------------------------------

≪作者の岡田淳さんについて≫
兵庫県の小学校の図工専任教師をしながら作家活動をし(現在は退職)、たくさんの名作を生み出してきた岡田淳さん。「ムンジャクンジュは毛虫じゃない」は処女作になります。
元々、物語を絵にする授業で、挿絵のない自由なイメージを求めて自力で物語を作ったのが、この話が誕生するきっかけだったそうです。岡田さんの本に出会って、夢中になり生きる力をもらった小学生が全国にいます。
その他注意事項 主催/特定非営利活動法人おとくにパオ
共催/人形劇団クラルテ、公益財団法人京都府長岡京記念文化事業団
後援/長岡京市教育委員会、向日市教育委員会、大山崎町教育委員会
スタッフ 原作/岡田淳(偕成社刊) 
脚色/吉田清治
演出/東口次登
人形美術/永島梨枝子
舞台美術/松原康弘
音楽/一ノ瀬季生
照明/永山康英
舞台監督/隅田芳郎
制作/古賀恵子
合唱/帝塚山少年少女合唱団

[情報提供] 2016/07/06 18:22 by La Clarte

[最終更新] 2016/07/06 18:36 by La Clarte

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大