演劇

遊劇体#59

ありとほし

デザイン:古閑剛

0 お気に入りチラシにする

演劇

遊劇体#59

ありとほし

遊劇体

アトリエ劇研(京都府)

2016/10/21 (金) ~ 2016/10/25 (火) 公演終了

上演時間:

青空が全速力で背中から逃げだした
顔を舐めるのは暗い森に違いない

開演時間がくれば
行列からはぐれたワタシは
出口である入口を求めて森の中を彷徨いつづける

ワタシのタマシイ、私の一生
足元で這いずる黒い蟻、首を伸ばせば瞬く夕星
物差しで測るとどちらも0.1センチ
ほ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/21 (金) ~ 2016/10/25 (火)
劇場 アトリエ劇研
出演 大熊ねこ、坂本正巳、村尾オサム、鶴丸絵梨、久保田智美、石川佳奈
脚本 キタモトマサヤ
演出 キタモトマサヤ
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2016/08/02
前売一般:2,800円 当日一般:3,000円
学生:2,000円(前売・当日とも同料金。当日受付にて学生証をご提示ください。)
サイト

http://www.yugekitai.net/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月21日(金) 19:30
10月22日(土) 14:00
10月23日(日) 11:00/17:00
10月24日(月) 14:00/19:30 
10月25日(火) 14:00
説明 青空が全速力で背中から逃げだした
顔を舐めるのは暗い森に違いない

開演時間がくれば
行列からはぐれたワタシは
出口である入口を求めて森の中を彷徨いつづける

ワタシのタマシイ、私の一生
足元で這いずる黒い蟻、首を伸ばせば瞬く夕星
物差しで測るとどちらも0.1センチ
ほらやっぱり同じ大きさだ


『闇光る』から始まり『ふたりの蜜月』まで連なる、大阪府南部の山あい架空の町ツダを舞台としたシリーズ第7作。今回は前作までとは趣を異にして、ほぼ全編、非日常の空間を劇世界とします。というのは主人公のワタシ(一応、ミツルという名前を持つ)は、何といえばよいのか、亡魂のようなもの、だからです。あらムツカシそう、なんて思わないでください。単純なストーリーで、リラックスできるものになるはずです。いつもどおりの正方形の舞台で、いつもどおりの泉州方言での上演です。タイトルの由来は「蟻と星」なのか、「アリの足では遠すぎる」の意味なのか、世阿弥による謡曲「蟻通」と関係あるのかないのか、まだ誰も知りません。気楽に行きます。
その他注意事項
スタッフ [舞台監督]沢渡健太郎 [照 明]西岡奈美
[音 響]大西博樹 [舞台美術]佐野泰広(CQ) [小道具]松本信一[宣伝美術]古閑剛[制 作]岡本司+児山愛(A≠T)
[制作協力]尾崎雅久(尾崎商店)[カンパニーメンバー]菊谷高広 こやまあい [主催]遊劇体

[情報提供] 2016/07/03 14:02 by A≠T

[最終更新] 2016/07/28 20:42 by A≠T

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

A≠T

A≠T(0)

役者・俳優 脚本 演出

遊劇体制作部です。今回も密な劇空間を作り上げます!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大