演劇

仮想定規旗揚げ公演

仮想定規-序の章-

仮想定規

中野スタジオあくとれ(東京都)

2016/11/23 (水) ~ 2016/11/30 (水) 公演終了

上演時間:

幼い頃、海で妹を亡くした男。
「行ってはいけない」と言われていたのに妹を連れ出した男は妹の死を自分の責任と感じてずっと呵責の中で生きてきた。
中年となり仕事もリストラされてしまった男は求職中、駅近くの格安物件の四畳半に引っ越したところから男に様々な事態が降りかかる。オカシな連中が部屋にやっ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/11/23 (水) ~ 2016/11/30 (水)
劇場 中野スタジオあくとれ
出演 樋口浩二、関根麻帆、関根靖晃、藤村一成、末廣円、松山由佳、青木砂織、ほんだまこと、栗木健(percussionist)
脚本 佃典彦
演出 青木砂織
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,800円
【発売日】2016/09/23
全席自由席・日時指定
料金 
プレビュー公演 2000円(当日,前売共)
前売り3500円
当日 3800円
学生割引3000円
※学生割引チケット取り扱いは仮想定規のみ。お申し込み後、当日受付にて学生証の提示をお願いいたします。
サイト

http://www.kasoujyougi.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月23日(水)14:00 ※/19:30
11月24日(木)19:30★
11月25日(金)19:30
11月26日(土)14:00/19:30☆
11月27日(日)14:00
11月28日(月)14:00/19:30
11月29日(火)19:30
11月30日(水)14:00
※=プレビュー公演
★=終演後アフタートークイベント有
☆=英語字幕上映
説明 幼い頃、海で妹を亡くした男。
「行ってはいけない」と言われていたのに妹を連れ出した男は妹の死を自分の責任と感じてずっと呵責の中で生きてきた。
中年となり仕事もリストラされてしまった男は求職中、駅近くの格安物件の四畳半に引っ越したところから男に様々な事態が降りかかる。オカシな連中が部屋にやって来たり強引に住み着いたり・・・やがて気が付くと男は突然、荒野の真っ只中に放り出されていた。ここは一体どこだろうか。
男は荒野を彷徨う一人の女と出会う。女はここはサイタマだと言う。世界に現存するもうひとつのサイタマ。
この先、男を待ち受けるものは何であろうか・・・。
その他注意事項 24日(木)は終演後に脚本の佃典彦を迎え、アフタートークイベントを予定しています。
スタッフ 作 佃典彦
演出,脚本,振付,美術,メイク 青木砂織
音楽 ほんだまこと
照明 ROMI
衣裳 竹内陽子
音響 木暮拓矢
振付 今枝真紀
舞台監督 樋口浩二
制作 末廣円 仮想定規
翻訳 田中クレア
宣伝美術 ヨコヤマ茂未
チラシデザイン 岩田和也(Plugraf)
写真 武藤奈緒美
主催 仮想定規

[情報提供] 2016/07/01 22:40 by えんだゆう

[最終更新] 2016/11/28 17:44 by えんだゆう

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大