こまつ座

中日劇場(愛知県)

他劇場あり:

2016/09/28 (水) ~ 2016/09/30 (金) 公演終了

上演時間:

いつの時代も変わらぬ"仕合わせ"を求めて
豪華女優陣で贈る
井上ひさし評伝劇のファンタジー

井上ひさし戯曲の中でも屈指の人気作『頭痛肩こり樋口一葉』。1984年こまつ座旗揚げ公演で初演、86年には芸術座で「東宝・こまつ座提携特別公演」としてロングラン公演が行われた。
その後も再演を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/09/28 (水) ~ 2016/09/30 (金)
劇場 中日劇場
出演 永作博美、三田和代、熊谷真実、愛華みれ、深谷美歩、若村麻由美
脚本 井上ひさし
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 9,000円
【発売日】
【A席】9,000円
【B席】7,000円
サイト

http://www.tohostage.com/ichiyo2016/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9/28(水)14:00
9/29(木)12:00
9/20(金)12:00
説明 いつの時代も変わらぬ"仕合わせ"を求めて
豪華女優陣で贈る
井上ひさし評伝劇のファンタジー

井上ひさし戯曲の中でも屈指の人気作『頭痛肩こり樋口一葉』。1984年こまつ座旗揚げ公演で初演、86年には芸術座で「東宝・こまつ座提携特別公演」としてロングラン公演が行われた。
その後も再演を重ね、2013年夏には栗山民也演出も、連日の満員御礼を飾った。
そして一葉没後120年の今年、日比谷に一葉が再び現れる。

今回初めて一葉役に挑むのは、12年日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞、数々の映画・舞台・ドラマで唯一無二の演技が人々の記憶に残る、永作博美。

そして13年に引き続き、芸能生活50周年を迎えた三田和代、今年紀伊國屋演劇賞個人賞、読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した熊谷真実、華やかで誠実な演技に定評のある愛華みれ、健気な存在感が光る深谷美歩、大人の色気とコメディエンヌぶりを発揮する若村麻由美が出演。

盆の日は幽界(あのよ)と明界(このよ)がつながる日。
一葉19歳から死後2年までの盆の16日に焦点をあてた、
切ないのに楽しい、死から生けるものへの応援歌(エール)。

明治の天才女流作家・樋口一葉。24歳6ヶ月の若さで没するまで、「たけくらべ」「大つごもり」など22の短編と40数冊に及ぶ日記と四千首をこえる和歌の詠草を残した。
男性中心の時代に、貧しさに苦しみ、恋を捨て筆一本で身を立てようとした一葉と、たくましく生きる女性たち。笑いのうちに心が洗われ、勇気が湧き出る珠玉の名舞台。
その他注意事項
スタッフ 音楽:宇野誠一郎

[情報提供] 2016/06/15 14:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/09/25 00:03 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大