中村美律子 デビュー30周年記念公演

0 お気に入りチラシにする

新歌舞伎座

大阪新歌舞伎座(大阪府)

2016/07/25 (月) ~ 2016/08/13 (土) 公演終了

上演時間:

第一部 雲の上の青い空 ~中村美律子物語~
作・演出 = ジェームス三木 / 監修 = 富田梓仁

昭和の名曲をおりまぜておくる自身の半生を描いた感動作!

大阪・河内の銭湯「松の湯」で働く両親のもと、五人姉弟の次女として生まれた小松美津子。 銭湯から流れる浪曲や歌謡曲を聞いて育っ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/25 (月) ~ 2016/08/13 (土)
劇場 大阪新歌舞伎座
出演 中村美律子、増位山太志郎、林与一、三林京子、竜小太郎、門戸竜二
脚本 ジェームス三木
演出 ジェームス三木、宮下康仁
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 14,000円
【発売日】
1階席 12,000円
2階席 6,000円
3階席 3,000円
特別席 14,000円
サイト

http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/20160725.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 第一部 雲の上の青い空 ~中村美律子物語~
作・演出 = ジェームス三木 / 監修 = 富田梓仁

昭和の名曲をおりまぜておくる自身の半生を描いた感動作!

大阪・河内の銭湯「松の湯」で働く両親のもと、五人姉弟の次女として生まれた小松美津子。 銭湯から流れる浪曲や歌謡曲を聞いて育った美津子はなによりも歌うことが大好きな少女だった。 その歌声は、夏祭りののど自慢大会で一等賞になるなど父・留吉の自慢でもあった。 厳しい家計の中でも歌謡教室に通わせてもらう美津子。
しかし中学生の時に母を亡くし、一家はバラバラに。大人へと成長するにつれ歌手への思いをより一層強くする美津子。様々な試練が待ち受ける中、心の底にある悲しみを絞り出し歌い続ける美津子は、どんな逆境にあっても歌の道を諦めることはなかった。
そして月日は流れ、美津子の歌声を聴いて心を打たれた人たちが現れた・・・。

第二部 中村美律子オンステージ 浪花の夏祭り2016
構成・演出 = 宮下康仁 / 花柳與桂社中 = 参加 / 友弦流大正琴 = 参加

中村美律子
♪河内おとこ節、♪土佐女房、♪美律子の河内音頭~酒飲め音頭~♪瞼の母、♪無法松の恋(新作歌謡浪曲)ほか

増位山太志郎
♪そんな夕子にほれました、♪そんな女のひとりごと ほか
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/06/15 13:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/06/15 13:47 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大