演劇

NAGISAA

流れゆく夜と霧

北村想 レジェンドプロデュース

相鉄本多劇場(神奈川県)

他劇場あり:

2008/06/13 (金) ~ 2008/06/15 (日) 公演終了

上演時間:

この一人芝居は、ふつうの一人芝居ではなく、登場人物はひとりですが、彼女(咲田とばこ)は複数の人数を演じます。どんな人物かは、観ればよくご存知、あるいは、ああこの女性はと、ワカルようになっています。(どんな女性かは、観るまでのお楽しみというふうにしておきます)あらすじのようなものは従って存在しな...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/13 (金) ~ 2008/06/15 (日)
劇場 相鉄本多劇場
出演 咲田とばこ
脚本 北村想
演出 北村想
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 2,500円
【発売日】2008/03/13
前売・当日共2500円
サイト

http://homepage3.nifty.com/office-k/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この一人芝居は、ふつうの一人芝居ではなく、登場人物はひとりですが、彼女(咲田とばこ)は複数の人数を演じます。どんな人物かは、観ればよくご存知、あるいは、ああこの女性はと、ワカルようになっています。(どんな女性かは、観るまでのお楽しみというふうにしておきます)あらすじのようなものは従って存在しないのですが、この戯曲のモチベーションとなったのは、長崎の原爆被害を扱った記録ドキュメントに登場した少女です。この少女を中心とした位相に、さまざまな女性が、まるでひとつの物語を織りなすかのように次々と身辺模様を語っていきます。その少女たちの運命をただひとり、男性が(タロカードの占い師です)占っていくというのが横糸といえば、そういえます。これは、私にとっても、また女優咲田とばこにとっても、最初で最後の粉骨砕身の舞台になると予想しております。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/05/07 15:16 by さるみち

[最終更新] 2008/06/11 23:15 by さるみち

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大