演劇

絡繰機械’s第20回公演

瓦礫のヤマアラシ

0 お気に入りチラシにする

演劇

絡繰機械’s第20回公演

瓦礫のヤマアラシ

絡繰機械’s

万年橋パークビル8F(浜松市中区田町327-13)(静岡県)

2016/06/18 (土) ~ 2016/06/19 (日) 公演終了

上演時間:

昨日歩いた道筋が、今日も同じように歩けるなんて思っちゃいけない。わずか一晩。見上げるほどの瓦礫の山が、道を塞ぐにはそれだけあれば充分だ──。
失踪した友人を探す男が辿り着いたのは、都市としての機能が失われていく街。着いて早々、暴漢に襲われた男を救ったのは、一匹の……イヤ、ひとりのヤマアラシだ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/18 (土) ~ 2016/06/19 (日)
劇場 万年橋パークビル8F(浜松市中区田町327-13)
出演 伊藤彩希、坂本竜也、柳川智彦
脚本 唐津匠
演出 唐津匠
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】
前売一般1,000円、大学生以下500円(当日300円UP)
サイト

http://www.karakurimachines.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月18日(土)14:00/19:00
6月19日(日)19:00
説明 昨日歩いた道筋が、今日も同じように歩けるなんて思っちゃいけない。わずか一晩。見上げるほどの瓦礫の山が、道を塞ぐにはそれだけあれば充分だ──。
失踪した友人を探す男が辿り着いたのは、都市としての機能が失われていく街。着いて早々、暴漢に襲われた男を救ったのは、一匹の……イヤ、ひとりのヤマアラシだった。生きていくのが容易とは言えない街で、デタラメ奔放に暮らす人々の中、男はどこにたどり着く……?
寓意性の高いオリジナル戯曲と濃密な世界観で幅広い層から支持を集め、はままつ演劇・人形劇フェスティバルで数多くの栄冠を獲得してきた絡繰機械’sの最新作。過酷な都市を舞台にしながら、「暗い芝居にはしたくなくて」と唐津が語るとおり、熱く激しくクダラナイ、といういつものカラクリテイストそのままに、奔放に生きる人々を描き出していく。
会場は三年連続となる、浜松駅からほど近い街中の立体駐車場。普段目にする日常空間に、特設ステージを組み上げて、非日常的な演劇空間を創出します。団員募集公演と銘打って、なんかイベントやったりするのかも?。ぜひその目でご覧あれ!
その他注意事項 アフタートークあり(詳細は劇団ホームページをご覧ください)
スタッフ

[情報提供] 2016/06/02 20:39 by たばるとも

[最終更新] 2016/06/13 14:16 by たばるとも

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大