演劇

第11回公演

しのだΩ藍郎初長編作品

恋する浮浪児は愛と東に活路を求め

デザイン:市村 幸子

0 お気に入りチラシにする

演劇

第11回公演

恋する浮浪児は愛と東に活路を求め

しのだΩ藍郎初長編作品

劇団東京蝉ヌード

阿佐ヶ谷アートスペース・プロット(東京都)

2016/07/22 (金) ~ 2016/07/24 (日) 公演終了

上演時間:

浮浪児達は小さな目に涙を一杯にしながら歩く。
風は生温かく神経に障る。
太陽は雲に隠れ空気は湿気を含みやはり神経に障る。
彼等は考える...
 「世界中の全てが破壊されて仕舞えばいい...」と。
思いが想いに変わり遂にそれが口を出ようとした時、彼等の前に大きな古民家が現れる...
...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/22 (金) ~ 2016/07/24 (日)
劇場 阿佐ヶ谷アートスペース・プロット
出演 しのだΩ藍郎、白木ゆたか、鈴木一希、島津志織、高橋万里子、安井紀子、藤原琢真
脚本 しのだΩ藍郎
演出 しのだΩ藍郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~
【発売日】
サイト

http://www.semi-nude.info/kouen.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月22日(金〉19:00
7月23日(土〉11:00/15:00/19:00
7月24日(日)11:00/15:00
説明 浮浪児達は小さな目に涙を一杯にしながら歩く。
風は生温かく神経に障る。
太陽は雲に隠れ空気は湿気を含みやはり神経に障る。
彼等は考える...
 「世界中の全てが破壊されて仕舞えばいい...」と。
思いが想いに変わり遂にそれが口を出ようとした時、彼等の前に大きな古民家が現れる...
 『浮浪者お断り。ただし浮浪児は渋々歓迎。』
確かに表札らしき物に汚い字でそう書いてある。

彼等は訝しがりながら門をくぐる。

混迷極まる演劇界に一際異彩を放つダイナマイツ劇団東京蝉ヌード!
同劇団の初の長編戯曲は狂った世の中に不満を感じる全ての人に贈るハートウォーミングミュージカルホラー!!
乞うご期待。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/06/02 11:13 by 白木

[最終更新] 2016/07/24 13:54 by 白木

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

セシカ

セシカ(2)

裏でコソコソ動いてます。 支えるって大変。いや、支え...

ミスター関東

ミスター関東(0)

作・演は私です。 インチキと不誠実と野蛮な世の中にメ...

白木

白木(0)

よろしくお願いします

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大