もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら

0 お気に入りチラシにする

青森中央高校演劇部

三重県文化会館(三重県)

2016/08/20 (土) ~ 2016/08/21 (日) 公演終了

上演時間:

「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら」は、笑いあり涙ありの高校生活劇です。東日本大震災によってチームメイトや家族を失い、青森に転校してきた主人公の成長を描きます。本作は舞台装置や小道具を用いず、照明も音響も使いません。演劇部員全員が舞台を駆け回り、劇中歌を歌い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/08/20 (土) ~ 2016/08/21 (日)
劇場 三重県文化会館
出演 ●青森中央高校演劇部、○三重県の高校演劇部より選抜者
脚本 畑澤聖悟
演出 畑澤聖悟
料金(1枚あたり) 500円 ~ 1,000円
【発売日】2016/06/04
●青森中央高校版 一般1,000円 高校生以下500円
○三重選抜版 500円
サイト

http://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/7408

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8/20(土)15:00○/18:00●
8/21(日)14:00●
●は青森中央高校版
○は三重選抜版
説明 「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら」は、笑いあり涙ありの高校生活劇です。東日本大震災によってチームメイトや家族を失い、青森に転校してきた主人公の成長を描きます。本作は舞台装置や小道具を用いず、照明も音響も使いません。演劇部員全員が舞台を駆け回り、劇中歌を歌い、効果音を肉声で発します。「被災した方々のためになにかさせていただきたい」という部員の希望から生まれた本作は避難所や集会所など「どこでもやれる」必要があったのです。 2011年9月から全国の17都府県37市町と韓国・ソウルで71ステージ上演(2016年2月現在)。そのうちの八戸市、気仙沼市、大船渡市、釜石市、久慈市、仙台市、利府町、宮古市、盛岡市、陸前高田市、石巻市、山元町、塩竃市(野々島)、郡山市、いわき市での公演は被災地応援公演として行われました。移動はバス。その費用の大部分は募金で賄われました。会場の多くは避難所として使われた体育館や集会場で、観客の多くは隣接する仮設住宅団地の住人の方々でした。部員たちは壊滅した港町を歩き、瓦礫の山をいくつも見上げ、いくつもの避難所を清掃しました。自分なりに被災地と向き合うことで、演じる事への覚悟を固めていきました。本作は第58回全国高等学校演劇大会(2012年)で最優秀賞を受賞。同校演劇部として3度目の日本一を獲得しています。2014年11月にはアジア最大の演劇祭「フェスティバル/トーキョー」、2014年4月には韓国ソウルで行われた国際芸術祭「フェスティバル・ボム」に招待され、好評を得ました。また本作は2015年の映画「幕が上がる」(主演:ももいろクローバーZ)で取り上げられ、全国的な話題となりました。NHKEテレでも繰り返し放送され、多くの演劇ファンに愛されています。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/05/28 18:58 by 三重県文化会館

[最終更新] 2016/05/28 19:10 by 三重県文化会館

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大