NPO法人らふと

RAFT(東京都)

2016/06/18 (土) ~ 2016/06/19 (日) 公演終了

上演時間:

〈企画にあたって〉
 同時期に2通の企画書が届いた。アグネス吉井の白井さん・KEKEさんと、政岡さんからのものである。そこには『「いま」「ここに」ある、からだの瞬間の、形は、動きは何なのかを探っていきたい』(アグネス吉井)、『「踊りとは何か」というテーマを踊りに至るまでの道のりを探ることで、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/18 (土) ~ 2016/06/19 (日)
劇場 RAFT
出演 アグネス吉井(KEKE、白井愛咲)、藤井友美、まさおか式
演出
振付 アグネス吉井(KEKE、白井愛咲)、藤井友美、まさおか式
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,300円
【発売日】
予約 2000円(当日 2300円)
学生 1000円(要学生証・要予約)
サイト

http://raftweb.info/arika.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月18日(土) 19:00
6月19日(日) 15:00
※開場は開演の30分前です。
説明 〈企画にあたって〉
 同時期に2通の企画書が届いた。アグネス吉井の白井さん・KEKEさんと、政岡さんからのものである。そこには『「いま」「ここに」ある、からだの瞬間の、形は、動きは何なのかを探っていきたい』(アグネス吉井)、『「踊りとは何か」というテーマを踊りに至るまでの道のりを探ることで、よりビビットに“踊り”をあぶり出したい』(政岡)と書かれていた。そこに共通しているものは、ダンスの根源を探りたいという欲求だと思った。ダンスという表現ツールを使い何かを具現化するのでは無く、そのツール/方法を使いそれ自体の形を見つけていくような行為、そのことがどこに繋がり観客に何を伝えていくかは、未知だ。でも、それを探らざるを得ない彼らの衝動、そこに何かがあるのではないか──。今回は、RAFTでも何度か公演し独自の作品を発表している藤井友美さんも巻き込み、「ダンスの在りか」を探っていきたい。(RAFT)

■アグネス吉井(KEKE・白井愛咲)「空蝉」
 空蝉(うつせみ:セミの抜け殻の意)
 これは、明日あったこと。それか、ずうっと来ない昨日に、これから起こる出来事。そこにあるからだには、確かに在った時間が積み重なって少しずつ染み出してくる。耳を澄ませると、なき声が、聞こえているのが、だんだん分かってくる、気がする。

■藤井友美「くも」
 ソラ
 と
 ツチ
 との間

 しばらく此処に、いる。

■まさおか式「トンチン カカン」
 私が求める「踊り」に、「踊らない」で挑戦します。
「踊らない」私の体が、あなたの心に触れるとき、それは「踊り」になるのでしょうか?
 作・出演:政岡由衣子
 ドラマトゥルク:佐々木すーじん
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/05/20 19:11 by RAFT

[最終更新] 2016/05/20 19:20 by RAFT

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大