全労済ホール/スペース・ゼロ

全労済ホール/スペース・ゼロ(東京都)

2016/07/18 (月) ~ 2016/07/18 (月) 公演終了

上演時間:

第一部
『 怒涛のおもちゃ映画特集・昔話編 』
大正時代から昭和の初頭、一般家庭にブリキ製の玩具映写機が普及し、フィルムを細かく切った玩具映画が上映されました。今回は昔ばなしを中心にお届けします。

『 弱虫天国 』
健康増進を奨励する教育映画。主人公は不健康な生活を送る弱虫な青年。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/18 (月) ~ 2016/07/18 (月)
劇場 全労済ホール/スペース・ゼロ
出演 山崎バニラ
脚本
演出
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,000円
【発売日】2016/05/10
<全席指定>
一般/3,000円
子ども券(5歳~小学生)/1,500円
親子券(大人1・子ども1)/3,500円
サイト

http://www.spacezero.co.jp/information/124203

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月18日(月・祝)14:00
説明 第一部
『 怒涛のおもちゃ映画特集・昔話編 』
大正時代から昭和の初頭、一般家庭にブリキ製の玩具映写機が普及し、フィルムを細かく切った玩具映画が上映されました。今回は昔ばなしを中心にお届けします。

『 弱虫天国 』
健康増進を奨励する教育映画。主人公は不健康な生活を送る弱虫な青年。会社の同僚がお昼休みに屋上で馬跳びをしている間も編み物をして過ごす。「男らしくない」という理由で解雇の対象になっていると知ると青年は一念発起、放送が始まったばかりのラジオ体操に励み、筋骨隆々となって、晴れてたばこも吸えるようになるという展開にはびっくり。

第二部
『 ロイドの要心無用 』
世界三大喜劇王の一人、丸眼鏡キャラクターのハロルド・ロイド主演作にして代表作。デパート店員のロイドは、生まれ故郷に残してきた恋人についた嘘のつじつまを合わせるため一大計画を立てる。小ネタ満載のシチュエーションコメディーと、CGのない時代にスリル満点のアクション。
その他注意事項
スタッフ 制作協力:バニラクエスト
協力:おもちゃ映画ミュージアム、株式会社マツダ映画社
主催:全労済ホール/スペース・ゼロ

[情報提供] 2016/05/18 18:00 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/07/20 16:38 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大