ユニットR

こまばアゴラ劇場(東京都)

2016/07/03 (日) ~ 2016/07/06 (水) 公演終了

上演時間:

今、世界は目ざめているのか?眠っているのか?
岸田理生の処女戯曲「眠る男」が更なる進化を遂げ、「眠らない男」として2016年蘇る。

本公演は、岸田の「眠る男」「凧」他の作品群より上演台本を新たに構成、タイトルを「眠らない男」と名付けました。
「眠る男」(1976年)、「凧」(1979...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/03 (日) ~ 2016/07/06 (水)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 竹廣零二、阿野伸八(紅王国)、藤田三三三、野口清和、尾山道郎、富田三千代、米澤美和子、雛涼子、木島弘子、小林千里、松岡規子、江田恵(ソラカメ)
脚本 岸田理生
演出 諏訪部仁
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2016/04/25
<全席自由>
前売・予約:3,500円
当日:3,800円
サイト

http://www.komaba-agora.com/play/3690

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7/3(日)19:00
7/4(月)14:00 / 19:00
7/5(火)14:00 / 19:00
7/6(水)14:00
説明 今、世界は目ざめているのか?眠っているのか?
岸田理生の処女戯曲「眠る男」が更なる進化を遂げ、「眠らない男」として2016年蘇る。

本公演は、岸田の「眠る男」「凧」他の作品群より上演台本を新たに構成、タイトルを「眠らない男」と名付けました。
「眠る男」(1976年)、「凧」(1979年)は、岸田のテーマである「父」を扱ったもので、「眠り」や「不眠」「夢」への岸田の考察が投影された作品です。
「眠らない男」では、岸田の観念的な作品に物語性をプラスし、現在に通底する登場人物たちを描きます。
その他注意事項 *未就学児童はご入場頂けません。
スタッフ 構成・演出:諏訪部仁
音楽:白庄司孝
照明:石田道彦+吉嗣敬介
壁面美術:広瀬明日子
宣伝美術:木島弘子
舞台監督:樽真治
制作補:川井麻貴(SEABOSE)
制作:ユニットR
主催:ユニットR 
共催:理生さんを偲ぶ会
提携:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
協力:プロダクション・タンク、龍前正夫舞台照明研究所、紅王国、zacco、ソラカメ、山崎恵美子、渡辺公美子、片桐久文

[情報提供] 2016/05/17 17:04 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/07/08 13:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大