演劇

横浜ボートシアター創設35周年+遠藤啄郎米寿記念

説経「愛護の若」より“恋に狂ひて”

横浜ボートシアター

神奈川芸術劇場・大スタジオ(神奈川県)

2016/07/01 (金) ~ 2016/07/10 (日) 公演終了

上演時間:

代表作 仮面劇「小栗判官・照手姫」に続く説経シリーズ第二弾
KAATにて待望の上演!

“ダイナミックな語りと身体表現 哀調をおびた歌と音楽
仮面の使用はもちろん 今回はきらびやかな
多くの動かない人形達が登場し 俳優と感応しながら
かつてない劇を織りなす。継母に恋慕われた
十五...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/01 (金) ~ 2016/07/10 (日)
劇場 神奈川芸術劇場・大スタジオ
出演 玉寄長政、吉岡紗矢、近藤春菜、柿澤あゆみ、奥本聡、リアルマッスル泉
脚本 遠藤啄郎
演出 遠藤啄郎
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】2016/04/07
<全席自由>
▼前売
一般:4,000円
U24チケット(24歳以下):3,000円 
ペア:7,000円(劇団のみ取り扱い)

▼当日
一般:4,500円
U24:3,500円

・リピーター割引
半券お持ちで劇団に事前予約の方、当日受付にて一般は3, 500円、U24は2,500円で販売いたします。(ご本人に限ります)
サイト

http://www.kaat.jp/d/ybt35

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7.1(金)19:00 
7.2(土)13:00/18:00 
7.3(日)14:00 
7.4(月)19:00 
7.6(水)14:00/19:00 
7.7(木)19:00 
7.8(金)19:00 
7.9(土)13:00/18:00 
7.10(日)14:00
説明 代表作 仮面劇「小栗判官・照手姫」に続く説経シリーズ第二弾
KAATにて待望の上演!

“ダイナミックな語りと身体表現 哀調をおびた歌と音楽
仮面の使用はもちろん 今回はきらびやかな
多くの動かない人形達が登場し 俳優と感応しながら
かつてない劇を織りなす。継母に恋慕われた
十五才の美少年の悲劇 今よみがえる中世絵巻”

【作品情報】
美少年と一族郎党の〈悲劇〉が、うごかない人形と俳優によって時空をこえ、重層的な物語を浮上させたと、各地公演においても好評を博した本作品(2014年初演)。今回、劇団の35周年と代表 遠藤啄郎の米寿を祝い、拠点の船劇場を漕ぎ出てKAATに上陸。新キャスト、新演出もくわえた待望の記念公演となります。

【物語】
平安時代、嵯峨天皇の御世。
公家二条蔵人清平の一人息子「愛護の若」は、観音から母の命と引き換えに授かった子であった。しかし継母「雲居の前」に恋慕われ、父親からもうとまれ、霧降の滝に入水自殺してしまう。継母「雲居の前」も愛護の若の父親に簀巻きにされ滝に入水。のちに大蛇の姿となり「愛護の若」の死骸を頭上に載せ現れる。そして、愛護の若に関わった百八人すべてが霧降の滝に身を投げ、果てる---。
その他注意事項
スタッフ 【脚本・演出・人形・仮面】
遠藤啄郎

【節付け・弾き語り】
説経節政大夫

【演奏】
松本利洋 村上洋司

音楽:説経節政大夫 松本利洋
舞台装置:堀尾幸男
振付:森田守恒
衣裳:佐々波雅子
照明:竹内右史
舞台監督:三津 久
音響協力:越川徹郎
演出助手:垣花理恵子
人形美術助手:吉岡紗矢 長井望美
人形操作指導:中村孝男(人形劇団ひとみ座)
記録映像・写真:古屋均
制作:斎藤 朋(マルメロ) 奥本聡+横浜ボートシアター

主催:横浜ボートシアター
提携:KAAT神奈川芸術劇場
協力:(公財)現代人形劇センター
助成:芸術文化振興基金
(公財)全国税理士共栄会文化財団

[情報提供] 2016/05/12 15:35 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/05/12 15:41 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大