舞踊・バレエ

FLAMECO CAFÉ DEL GATO

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

梅田芸術劇場

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

他劇場あり:

2016/06/29 (水) ~ 2016/07/04 (月) 公演終了

上演時間:

キャンディのように、甘くかわいらしいだけの女の子じゃだめなんだ。
カラリと乾いた空気の中で、ほのかに漂うミントの香り。そんな、キリリとして爽やかな、すずしさを持つ大人の女性こそが、フラメンコには良く似合う。
でもフラメンコって、情熱的な熱い踊りのはず? もちろん。でも彼女たちは、ただ乱暴に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/29 (水) ~ 2016/07/04 (月)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 湖月わたる、水夏希、原田薫、緒月遠麻、モニカ・ゴメス、大貫勇輔、アルバロ・マドリッド、アンドリ・ルイバル、ベンジャミン・レイバ、ホセ・モリーナ
演出 ホセ・バリオス
振付 ホセ・バリオス
料金(1枚あたり) 8,800円 ~ 8,800円
【発売日】2016/04/16
<全席指定>
8,800円
サイト

http://www.umegei.com/BGBB2016/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6/29(水)14:00 / 18:30
6/30(木)14:00
7/1(金)18:30
7/2(土)12:00 / 16:30
7/3(日)12:00 / 16:30
7/4(月)12:00
説明 キャンディのように、甘くかわいらしいだけの女の子じゃだめなんだ。
カラリと乾いた空気の中で、ほのかに漂うミントの香り。そんな、キリリとして爽やかな、すずしさを持つ大人の女性こそが、フラメンコには良く似合う。
でもフラメンコって、情熱的な熱い踊りのはず? もちろん。でも彼女たちは、ただ乱暴に感情をぶちまけてるわけじゃない。自分の信念を、愛を貫き通すために、強い意志で大地を踏んでいる。今回、我らがバッドガールズが挑むのは、そんな男前で 超“バッド(カッコいい)”な、クールな女性たちなのだ。
ダンスレジェンドシリーズ期待の第3弾『フラメンコ・カフェ・デル・ガト』は、スペイン人舞踊家で、日本でも多大な人気を誇るマリア・パヘス舞踊団の第一舞踊手・振付家を務めるホセ・バリオスが指揮を取る。
ACT1のフラメンコ版ロミオとジュリエット『カフェ・デル・ガト』では、伝統に囚われない独自の世界観で、新しいフラメンコを提唱。そしてACT2では、スペインの南部に位置するフラメンコの故郷アンダルシアを、現代フラメンコ音楽の代表、ビセンテ・アミーゴ、エンリケ・モレンテ、パコ・デ・ルシアらの楽曲と共に、旅していく。
日本人キャストには、Vol.1、Vol.2に引き続き、湖月わたる、水 夏希、原田 薫の3名に加え、2015年に宝塚歌劇団を退団した元宙組男役スター 緒月遠麻、そして2014年『Rock the Ballet 2』でパワーを見せつけた大貫勇輔を起用。
スペインからは、バッドガールズに加わるモニカ・ゴメス、そして大貫と共にフラメンコボーイズを固めるのは、アルバロ・マドリッド、アンドリ・ルイバル、ベンジャミン・ルイバ、そしてホセ・モリーナの4人。スペイン国立バレエ団、ホアキン・コルテス舞踊団など、フラメンコ屈指の舞踊団の団員として活躍した経験のある、最強の若手ダンサーを揃えた。
多岐に渡る曲種とリズムがあり、踊りこなすのがとても難しいフラメンコ。だが、ただ踊るだけでは表現できない、テクニックを越えた、踊り手の魂の叫びこそが、その真骨頂と言える。持ち前のチャレンジ精神で、バッドガールズたちが、この難関をどう乗り越えるか、見ごたえ抜群のステージになること、間違い無しだ。
文/東 敬子(ひがし けいこ)
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/05/11 18:31 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/05/11 18:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大