ミュージカル

三井住友VISAカード ミュージカル

エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-

0 お気に入りチラシにする

ミュージカル

三井住友VISAカード ミュージカル

エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-

宝塚歌劇団

宝塚大劇場(兵庫県)

他劇場あり:

2016/07/22 (金) ~ 2016/08/22 (月) 公演終了

休演日:7/27(水)、8/3(水)、8/10(水)、8/17(水)

上演時間:

日本初演から20周年を迎えた人気ミュージカル、待望の再演

『エリザベート』は1992年にオーストリアのウィーンで初演、98年までロングランされた後、ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツでも上演された人気ミュージカルです。
稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/07/22 (金) ~ 2016/08/22 (月)
劇場 宝塚大劇場
出演 朝夏まなと、実咲凜音、真風涼帆、愛月ひかる、澄輝さやと(役替り)、蒼羽りく(役替り)、桜木みなと(役替り)
作曲 シルヴェスター・リーヴァイ
脚本 ミヒャエル・クンツェ
演出 小池修一郎、小柳奈穂子
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 12,000円
【発売日】2016/06/18
SS席:12,000円
S席:8,300円
A席:5,500円
B席:3,500円

【新人公演】
SS席 5,200円、S席 4,100円、A席 3,000円、B席 2,500円
サイト

http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/elisabeth/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル [上演時間 約3時間 幕間休憩(30分)を含む]

7/22(金)15:00
7/23(土)11:00 / 貸切公演
7/24(日)11:00 / 貸切公演
7/25(月)13:00
7/26(火)貸切公演 / 15:00
7/27(水)休演日
7/28(木)11:00 / 貸切公演
7/29(金)13:00
7/30(土)11:00 / 貸切公演
7/31(日)11:00 / 貸切公演
8/1(月)13:00
8/2(火)11:00 / 15:00
8/3(水)休演日
8/4(木)11:00 / 15:00
8/5(金)13:00
8/6(土)11:00 / 貸切公演
8/7(日)11:00 / 貸切公演
8/8(月)13:00
8/9(火)13:00 / 18:00(新人公演)
8/10(水)休演日
8/11(木)11:00 / 15:00
8/12(金)13:00
8/13(土)11:00 / 貸切公演
8/14(日)11:00 / 15:00
8/15(月)13:00
8/16(火)11:00 / 15:00
8/17(水)休演日
8/18(木)11:00 / 15:00
8/19(金)13:00
8/20(土)11:00 / 貸切公演
8/21(日)貸切公演 / 15:00
8/22(月)13:00
説明 日本初演から20周年を迎えた人気ミュージカル、待望の再演

『エリザベート』は1992年にオーストリアのウィーンで初演、98年までロングランされた後、ハンガリー、スウェーデン、オランダ、ドイツでも上演された人気ミュージカルです。
稀有な美貌の持ち主であると同時に、自由奔放な生き方を求めた少女エリザベートが、オーストリア皇后となったことから辿る数奇な運命を、彼女を愛する黄泉の帝王トート(死)という抽象的な役を配して描いた独創的なストーリーと、美しい旋律で彩られたナンバーで綴った高い音楽性を持つミュージカル『エリザベート』。宝塚歌劇団では1996年に、世界各地での上演に先駆け日本初演。主役をトートに置き換え、独自の演出・振付・装置・衣装により上演した宝塚版は、各方面より高い評価を頂戴し、お客様から絶大な支持を得ました。1996年の雪組初演後、同年星組、1998年宙組、2002年花組、2005年月組、2007年雪組、2009年月組、2014年花組と再演を重ね、上演回数899回、観客動員数216万人を誇る、宝塚歌劇を代表する作品となりました。
この度の宙組公演では、トート役を宙組トップスター朝夏まなと、エリザベート役を宙組トップ娘役実咲凜音、フランツ・ヨーゼフ役を真風涼帆、ルキーニ役を愛月ひかる、ルドルフ役を澄輝さやと、蒼羽りく、桜木みなとが役替わりで演じます。
日本初演から20周年を迎えた2016年、朝夏まなとを中心とした宙組が、宝塚歌劇が誇る名作『エリザベート』に、新たな1ページを刻みます。
その他注意事項
スタッフ 脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ
音楽/シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション/ウィーン劇場協会
潤色・演出/小池 修一郎 演出/小柳 奈穂子

[情報提供] 2016/05/10 17:45 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/10/22 17:58 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大