演劇

劇団青年座第222回公演

天一坊十六番

デザイン:下西聡子

0 お気に入りチラシにする

演劇

劇団青年座第222回公演

天一坊十六番

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2016/06/10 (金) ~ 2016/06/20 (月) 公演終了

上演時間:

女流劇作家が、ねじり鉢巻きで、原稿を書いている

どだっだだ、どぼっぼぼ
げろっろろ、ごろっろろ
この奇妙な歌声と共に天一坊が登場

時は江戸、八代将軍徳川吉宗公の頃
人生に退屈している浪人者、山内伊賀亮
家も船も、女も、なにもかも捨てた漁師、九助
苦労性で働き者、楓
万事...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/06/10 (金) ~ 2016/06/20 (月)
劇場 青年座劇場
出演 山野史人、山路和弘、横堀悦夫、五十嵐明、山﨑秀樹、嶋田翔平、松田周、津田真澄、小林さやか、松熊つる松、安藤瞳、世奈、當銀祥恵、佐藤拓馬(ピアノ)、井上勇人(ドラム)、加塩人嗣(サックス)
脚本 矢代静一
演出 金澤菜乃英
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,200円
【発売日】2016/04/19
一般4,200円、U25(25歳以下)3,000円
サイト

http://seinenza.com/performance/public/222.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 13:30開演・・・11日(土)・12日(日)・13日(月)・14日(火)・18日(土)・19日(日)・20日(月)
18:30開演・・・10日(金)・14日(火)・15日(水)・16日(木)・17日(金)
説明 女流劇作家が、ねじり鉢巻きで、原稿を書いている

どだっだだ、どぼっぼぼ
げろっろろ、ごろっろろ
この奇妙な歌声と共に天一坊が登場

時は江戸、八代将軍徳川吉宗公の頃
人生に退屈している浪人者、山内伊賀亮
家も船も、女も、なにもかも捨てた漁師、九助
苦労性で働き者、楓
万事におおらかな、椿
彼らは口々に言う
「天一坊は純粋無垢さと、奇妙な魅力を持っている」と
ここに突如、名奉行大岡越前守が登場
「天一坊が実は将軍吉宗公の御落胤(隠し子)かもしれない」と告げる

舞台は時空を越え、想像もつかない摩訶不思議な世界へ

スカバンドの生演奏とコンテンポラリーダンスもにぎやかに
2016年6月『天一坊十六番』の幕が開く
その他注意事項 6月13日(月)終演後、講談(講談師 神田陽子)とアフタートークあり。
スタッフ 美術=青木拓也、照明=中川隆一、音響=長野朋美、衣裳=加納豊美、音楽=日高哲英、振付=近藤良平(コンドルズ)、舞台監督=今村智宏、製作=小笠原杏緒

[情報提供] 2016/04/25 17:42 by 劇団青年座

[最終更新] 2016/06/17 22:57 by 劇団青年座

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

劇団青年座

劇団青年座(0)

是非劇場にいらして下さい。

嶋田翔平

嶋田翔平(0)

伊奈半左衛門です。合唱隊もやります。

keke

keke(0)

制作

6月の青年座は、歌舞伎や講談で有名な「天一坊もの」のパ...

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大