演劇

見学者

吉祥寺シアター(東京都)

2007/03/08 (木) ~ 2007/03/11 (日) 公演終了

上演時間:

 人間はそもそも生まれながらにして、あるいはただ存在するだけで、生きようとする力を持っている。つまり何もしなくても、ただそこにいるだけでいいはずだ。そういう人の在り方を見たい。 
 そういう在り方をした人の身体、状況はどこにあるのだろうか。名付けや意味づけから遠く離れた場所はどうだろう。たと...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/08 (木) ~ 2007/03/11 (日)
劇場 吉祥寺シアター
出演 杉田健治、菊地奈緒、小池友洋、江原大介、藤田早織、能登谷智生、戸田武臣、渡辺さおり、丸二明紀子、伴田万理子、筒井きえ、佐糖勇樹、長瀬良嗣
脚本 黒沼佰見
演出 倉光仁美
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,500円
【発売日】2007/01/26
日時指定・全席自由
チケット発売中。
サイト

http://kengakusha.sub.jp/stage/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  人間はそもそも生まれながらにして、あるいはただ存在するだけで、生きようとする力を持っている。つまり何もしなくても、ただそこにいるだけでいいはずだ。そういう人の在り方を見たい。 
 そういう在り方をした人の身体、状況はどこにあるのだろうか。名付けや意味づけから遠く離れた場所はどうだろう。たとえばそれは、見渡しても取り立てて何も見るべきもののない広い空間。そういう場所に身を置かれた時、人は場所の気配に耳を澄ます、些細な光の変化を眺めはじめるのではないか。
 名付けや意味づけが形成するのは、わたしたちが普段日常の中で使っている「意識」の場所だ。名前を付け、そこに意味を付け、分けて分かろうとする。存在を見るためには、いかに分けないかが重要であり、普段眠っている「無意識」の場所を掘っていく作業そのものだ。
 前回公演で形をなした時間と空間を緩やかに跳躍させる方法「変容」と、「存在」というテーマを引き継ぎ、高行健の戯曲『バス停』を下敷きに、『日本書紀』の神代の巻、内田百門の短編『道連』/『水鳥』、ベケットの『ゴドーを待ちながら』などの「ことば」が渦を巻き、一場ものの様相を呈しながらも、次第に変容を遂げていく。
 3月、見学者5年ぶりの新作。吉祥寺シアターにて。

---------------------------
公演当日の制作お手伝いさん募集しております。
興味を持たれた方は、
公演特設サイトhttp://kengakusha.sub.jp/stage/から
お問い合せください。
---------------------------
その他注意事項 未就学児童の入場不可。
スタッフ 照明 木藤 歩[balance,inc.]
音楽・音響 渡辺 禎史
舞台監督 吉川 悦子

[情報提供] 2007/01/15 02:28 by jin-k

[最終更新] 2007/03/18 15:43 by jin-k

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

100ken

100ken(0)

劇作で携わっています。 ひと味変わった世界を是非一度...

jin-k

jin-k(0)

この公演の演出を担当しています。 美術館に出掛けるよ...

最新のトラックバック

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大