青 公演情報 」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.2
1-5件 / 5件中
  • 満足度★★★★★

    脚本は素晴らしい!!!傑作。
    主演俳優の熱演に感動した。終盤にゆくにつれて感情表現がストレートになってゆく、変化のある演技が最高で、とても惹き付けられた。
    あれよあれよと自分の手に負えなくなる組織の暴走、レイシズムについても考えさせられた。

    ネタバレBOX

    最初に女の子を殴るシーンに違和感があり、脚本家に質問したら、馬乗りになって殴るのは脚本の解読を間違っているとのことだった。
    か弱い女の子が「精子」って大声で言うのはとてつもなく変だった。
    ちょいちょい演出に違和感。
  • 満足度★★★★

    来るべき危機。
    近い将来、日本で現実になるかもしれない在日外国人との抗争?を描く。終始、緊張感あふれ、引き込まれました。

    ラストは、やや定番的。

  • 満足度★★★

    好き嫌いの分かれそうな話
    再演だけど初見、
    演出が千葉さんということでチケット確保。
    どちらかというと苦手な分野な展開でした。

  • 満足度★★★★

    正義の顔。
    『青 Chong』という在日を描いた在日監督による映画の原作か‥?と一瞬思ったが別物だった。がテーマは排外主義、異民族との共存。
    このユニット及び夏井氏戯曲作品、ともに初。出来る役者を起用してやった舞台、にしては悪くない役者の佇まいだった。「その芝居」を成立させるだけなら不要かもしれない有機的な繋がり、そこから立ち上る匂いが劇空間に(体内に万単位で居るという雑菌のように)存在するかどうか、私にとっては評価を分かつ要素だったりする。
    千葉哲也演出は3作目で、千葉哲也が登場しているような、くたびれた背広にやさぐれ心の主人公に仮託した「男臭さ」の世界が味だと(過去見たもの含め)、思った。
    戯曲、話の運びはうまい。二人の男の出会いから「運動体」を立ち上げる流れは、それに乗じて憤懣を吐き出す者らと、彼ら自身の資質が少し異なっていた事も自然に見せ、「行き違い」の悲劇を成立させる所以となっている。
     ヘイトが武闘派を生んで過激化する想定の近未来は、今と紙一重だが若干風向きが異なっている「現在」だから、2016年の話として改稿すべきでなかったかと思う。「警鐘」とみるなら時期が違っている内容に思えた。
     だが感動的な場面がある。右翼にしてはリベラル感性な主人公、そして本音のやり取りを経たにせよその場で転向するもう一方の元々あったと疑念を抱かせるリベラル感性は、やや現実離れしているものの、そこで勇気ある転進、命がけで暴徒を止めるという決意を彼らにさせる。その彼らを見据える女(メンバー)の顔がいい。

    ネタバレBOX

    ダメ出し一箇所と言われたら、ここ。
    侵入してきた相手との和解と決意(約束)のあった後、頭から水を浴びせるように、その「約束」の相手を殺す「情緒的便乗組」の輩。彼が金属バットを振り上げた時、その男が相手を殴り殺すままにさせた処理。
    危険と背中合わせだった二人の男が、バットを振り上げた男の様子に「驚いて腰を抜かし」、止めに入ることもしなかった事。これは演技として成立しづらかった。なぜ助けに入らなかったか・・・本気じゃなかったから・・・と見えてしまう。「出会い」が本物なのか、疑問をさしはさむ余地を与えている。
    ただ「正義」の側にある主人公を今更そこから引きずり下ろす気がしない観客を、最後までその気持ちにさせていた程度には、不自然さは目立たなかったかも知れないが・・・
  • 満足度★★★★★

    衝撃的
    リアルで迫力ありました。

    ネタバレBOX

    日本人は抵抗しないと思い込んで大暴れしたフーリガンに立ち向かい、フーリガンをぼこぼこにしたことで、意に反して外国人排斥運動のカリスマに持ち上げられた男を中心に、一般から青と呼ばれた彼らの顛末を描いた話。という訳で、青とはサムライブルーの青でした。

    ネウヨが現実世界で狂暴化して殺人する様や、男の本性を試そうとバットを振り下ろすシーンなど暴力表現にリアルさがありました。

    ラストシーンもリアルで衝撃的でしたが、日頃の行動からするとかんぬきは掛けていたはずで、少し都合よすぎるかなとは思いました。

    女性を監禁してDVを繰り返していたのが元々の男の本性だとすれば、狂暴性の根源が説明できて理解できますが、DVシーンは大嫌いであるとともに、悪いのは自分だと自虐的に振る舞う女性の存在も見るに堪えませんでした。

このページのQRコードです。

拡大