ナッポスユナイテッド

Zeppブルーシアター六本木(東京都)

2016/05/04 (水) ~ 2016/05/08 (日) 公演終了

上演時間:

古ぼけた一枚の記念写真。
そこには村人と、敵対する兵士たちが笑顔で写っていた・・。

『トンマッコルへようこそ』は2002年、ソウルで初演。2005年には韓国で映画化され、韓国では6人に1人が見たという大ヒットとなりました。
物語の舞台は朝鮮戦争が激しさを増した1959年代、山奥にある...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/05/04 (水) ~ 2016/05/08 (日)
劇場 Zeppブルーシアター六本木
出演 畑中智行、神永圭佑、永嶋柊吾、木村玲衣、永島敬三、イアン・マーティン、関根翔太、洪明花、原口健太郎、稲葉能敬、鈴木めぐみ、外山博美、川原洋子、もりちえ、深津紀暁、大手忍、筒井俊作、山崎彬、平田裕一郎
脚本 チャン・ジン
演出 東憲司
料金(1枚あたり) 6,500円 ~
【発売日】2016/03/12
サイト

http://stage-dongmakgol.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 5月4日(水)19:00
5月5日(木)14:00
5月6日(金)14:00/19:00
5月7日(土)13:00/18:00
5月8日(日)13:00
説明 古ぼけた一枚の記念写真。
そこには村人と、敵対する兵士たちが笑顔で写っていた・・。

『トンマッコルへようこそ』は2002年、ソウルで初演。2005年には韓国で映画化され、韓国では6人に1人が見たという大ヒットとなりました。
物語の舞台は朝鮮戦争が激しさを増した1959年代、山奥にあるトンマッコル村(子供のように純粋な村という意味)。武器も見たことがないような村人たちは、おおらかに自然とともに暮らしていた。そこに、連合軍のアメリカ兵、国防軍のヒョンチョルとサンサン、そして人民軍のチソン、ヨンヒ、テッキまでが迷い込んできて・・。

彼らが笑顔で写っていたのはなぜなのか?
素朴な村人と、戦時下の兵士たちの、笑って泣いた奇跡の物語。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2016/03/22 22:08 by とり

[最終更新] 2016/05/10 06:39 by とり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー3

もりちえ

もりちえ(0)

おくさまです

田窪桜子

田窪桜子(0)

その他(スタッフ)

プロデューサー

とり

とり(0)

制作

制作スタッフ

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大