ユニークポイント

OFF OFFシアター(東京都)

2007/03/02 (金) ~ 2007/03/11 (日) 公演終了

上演時間:

深い苦悩、それとも絶望。
ぎりぎりで己の側に踏みとどまるか、
無意識の怪物になるか。
僕たちは、あまりにもたやすく絶望し、
苦悩することを忘れてしまった。

-------------

いつだったか、高速のパーキングエリアで飯を食べていた時、おじさんが話しかけてきた。そのおじ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/03/02 (金) ~ 2007/03/11 (日)
劇場 OFF OFFシアター
出演 安木一之、石橋龍、北澤輝樹、中村匡克、東誠司、中村紗夢、洪明花、衣川真生、高田愛子、大野由美子
脚本 山田裕幸
演出 山田裕幸
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,800円
【発売日】2007/02/10
サイト

http://www.uniquepoint.org/imageworld/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 深い苦悩、それとも絶望。
ぎりぎりで己の側に踏みとどまるか、
無意識の怪物になるか。
僕たちは、あまりにもたやすく絶望し、
苦悩することを忘れてしまった。

-------------

いつだったか、高速のパーキングエリアで飯を食べていた時、おじさんが話しかけてきた。そのおじさんは、障害者用の駐車スペースのことについて異論を唱えていたわけだけど、どこかあきらめのようなものも感じられた。おじさんにとっては正当な意見なのに、逆に自分が責められることもあると、多分知っていたからだと思う。

しばらくして某ホテルの社長が「玄関前に駐車場がない方が見栄えがいいし、身体障害者用の部屋も年1、2人しか泊まらない。」と説明する違反があり、その社長が「極悪人」のように報道されるのを見て、すぐにあの時のおじさんを思い出した。

おじさんが言いたかったことと、某ホテルの問題は、個と社会、建前と本音について改めて考えるきっかけになった。そして何ひとつ本当のことを知らされないまま、日々自分が生きているのではないかという恐怖を感じた。

子供が親を殺しても、親が子供を殺しても、もはや私たちは驚かない。テレビのコメンテーターは、わからないことはないかのように世界を切り取り、私たちもなんとなく納得したような気になっている。そんなイメージで塗り固められた社会に私たちは慣れ、疑問を抱かないことを強要されていることに、無自覚になっている気がする。誰もが納得するような安易なわかりやすい結論は、複雑化した現代に麻薬のように蔓延っていて、危険だ。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ

[情報提供] 2007/01/14 21:12 by 山田裕幸

[最終更新] 2007/03/11 00:05 by 山田裕幸

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー7

山田裕幸

山田裕幸(3)

脚本 演出

作演出です

ぐりちゃん

ぐりちゃん(0)

票券管理を担当しています。 ぜひ観にいらしてください。

ACTUAR

ACTUAR(0)

地固めていきたいです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大