演劇

三田村組 第20回公演

父との夏(再々演)

0 お気に入りチラシにする

演劇

三田村組 第20回公演

父との夏(再々演)

三田村組

SPACE 梟門(東京都)

2016/03/16 (水) ~ 2016/03/27 (日) 公演終了

上演時間:

「三田村、生きる。」 渾身の再々演!

昭和二十年、五月。二人の少年が青森行きの列車に乗った。
― 愛する国を守るために ―
2010年初演時に絶賛された本作が、2015年の再演に
続いて早くも再々演!

「舞台でしかできない」、「舞台でしか味わえない魅力」と
言われる本作オリ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/03/16 (水) ~ 2016/03/27 (日)
劇場 SPACE 梟門
出演 蒲田哲、山里ケンイチロウ、石井悦子、田口朋子、咲良美里、三田村周三
脚本 高橋いさを(劇団ショーマ)
演出 高橋いさを(劇団ショーマ)
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 3,800円
【発売日】2016/01/21
<全席自由>
前売・予約 3,500円
学割 2,500円(要学生証提示)
当日 3,800円
サイト

http://mitamuragumi.com/?p=1697

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 3月16日(水)19:30
3月17日(木)15:00/19:30
3月18日(金)15:00/19:30
3月19日(土)15:00/19:30
3月20日(日)15:00/19:30
3月21日(月祝)15:00
3月22日(火)15:00/19:30
3月23日(水)15:00/19:30
3月24日(木)19:30
3月25日(金)15:00/19:30
3月26日(土)15:00/19:30
3月27日(日)15:00
説明 「三田村、生きる。」 渾身の再々演!

昭和二十年、五月。二人の少年が青森行きの列車に乗った。
― 愛する国を守るために ―
2010年初演時に絶賛された本作が、2015年の再演に
続いて早くも再々演!

「舞台でしかできない」、「舞台でしか味わえない魅力」と
言われる本作オリジナルのキャストが集結し、
抜群のチームワークで、71歳三田村周三と共に
20ステージを駆け抜ける。
その他注意事項 ※未就学児入場不可
スタッフ プロデューサー:三田村周三
作・演出:高橋いさを(劇団ショーマ)
美術:古屋治男
照明:和田典夫(満平舎)
音響:小沢高史
衣裳:大野典子
ヘアメイク:本橋英子
宣伝美術:由比まゆみ(egg design)
制作:島田敦子(J-stage NAVI)、早川あゆ(J-stage NAVI)

[情報提供] 2016/03/08 16:32 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/03/27 11:16 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大