SIS Company

Bunkamuraシアターコクーン(東京都)

他劇場あり:

2016/04/06 (水) ~ 2016/04/30 (土) 公演終了

休演日:4/11(月)、4/18(月)、4/25(月)

上演時間:

著名な詩人バイロンも長逗留している、19世紀の英国の豪奢な貴族の屋敷。
その屋敷の令嬢トマシナ・カヴァリー(趣里)は、住み込みの家庭教師セプティマス・ホッジ(井上芳雄)に付いて勉強中の早熟な少女。しかし、天才的な頭脳の持ち主の彼女の旺盛な好奇心には、年上のセプティマスも歯が立たない。
あ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/04/06 (水) ~ 2016/04/30 (土)
劇場 Bunkamuraシアターコクーン
出演 堤真一、寺島しのぶ、井上芳雄、浦井健治、安西慎太郎、趣里、初音映莉子、山中崇、迫田孝也、塚本幸男、春海四方、神野三鈴
脚本 トム・ストッパード、小田島恒志
演出 栗山民也
料金(1枚あたり) 6,000円 ~ 11,000円
【発売日】2016/02/14
S・¥11,000
A・¥9,000
コクーンシート・¥6,000
サイト

http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/16_arcadia.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4/6(水)18:30
4/7(木)13:00 / 18:30
4/8(金)18:30
4/9(土)13:00 / 18:30
4/10(日)13:00
4/11(月)休演日
4/12(火)13:00
4/13(水)18:30
4/14(木)13:00 / 18:30
4/15(金)18:30
4/16(土)13:00 / 18:30
4/17(日)13:00
4/18(月)休演日
4/19(火)13:00
4/20(水)18:30
4/21(木)13:00 / 18:30
4/22(金)18:30
4/23(土)13:00 / 18:30
4/24(日)13:00
4/25(月)休演日
4/26(火)13:00
4/27(水)18:30
4/28(木)13:00 / 18:30
4/29(金)13:00
4/30(土)13:00
説明 著名な詩人バイロンも長逗留している、19世紀の英国の豪奢な貴族の屋敷。
その屋敷の令嬢トマシナ・カヴァリー(趣里)は、住み込みの家庭教師セプティマス・ホッジ(井上芳雄)に付いて勉強中の早熟な少女。しかし、天才的な頭脳の持ち主の彼女の旺盛な好奇心には、年上のセプティマスも歯が立たない。
あるとき、屋敷の庭園の手直し用の設計図に、トマシナは何の気なしにある書き込みをしてしまう。
その何気ない行動が、約200年後の世界に大きな波紋を広げていくとは・・・。
そして、約200年の時を経た現代。
同じカヴァリー家の屋敷の同じ居間に、過去の屋敷や庭園、とりわけバイロンにまつわる謎を熱心に調べるベスト・セラー作家ハンナ(寺島しのぶ)の姿があった。そこに、バイロン研究家のバーナード(堤真一)が加わり、ライバル同士の研究競争が過熱!その争いは、カヴァリー家の末裔ヴァレンタイン(浦井健治)、クロエ(初音映莉子)兄妹を巻き込み、やがて・・・。 
<ひとつの場所=同じ屋敷の同じ場所>を媒介として、繋がっていく二つの時代と人々。
それぞれの時代に生きる人々のドラマは、クライマックスへと加速度を増しながら展開していく。
19世紀のトマシナと家庭教師セプティマスの「歴史の中に消えていった過去」は、現代に復元されるのか?
現代の研究者バーナードとハンナを取り巻く人々の思惑、そして、2人が追究する真理への情熱は? 
その他注意事項
スタッフ 作 : トム・ストッパード
翻訳 : 小田島 恒志
演出 : 栗山 民也
美術 : 伊藤 雅子
照明 : 服部 基
音楽 : 国広 和毅
音響 : 井上 正弘
衣装 : 前田 文子
ヘアメイク : 河村 陽子
舞台監督 : 瀧原 寿子
プロデューサー : 北村 明子
企画・製作 : シス・カンパニー
東京公演提携:Bunkamura / 大阪公演主催:FM COCOLO ・ FM802
大阪公演運営協力:サンライズプロモーション大阪

[情報提供] 2016/03/04 14:22 by CoRich案内人

[最終更新] 2016/12/01 01:26 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大